忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2016年2月14日

今日は、「桐生市 堀マラソン」当日です。




・・・・・・



結論から言います。


今回は、「DNS(棄権)」としました。




本当にいろいろ考えました。



ちなみに、これまで一度もDNF(途中棄権)も、DNSもしたことがなかったので、「今回もせめてレースぐらいは出たい」という思いが強かったのは事実です。


なので、前日の13日(土)の就寝時まで出るつもりでいました。



大会の荷物は12日までに準備を済ませ、

13日は仕事を定時で終え、

帰宅後は簡単に夕食を済ませ、

夜8時半には、明日に備えて早々にベットに入りました。



しかし、頭に浮かぶのは、

「明日のレース当日に自分は何をしに行くのか?」

ということ。


当然、これまで怪我の治癒を最優先で練習不足でしたから、PB狙いでないのは言うまでもありません。

では、

「ファンラン目的?」

そう考えると、桐生は何度も走ったコースで、さして目新しいものはありませんし、田舎のコースなので、コース上の景色は、自分の住むところの景色と大差はありません。

当然、桜の時期でも、紅葉の時期でも、新緑の時期でもないので、木々を愛でるという事もありません。

更に、2時間の制限時間ですから、仮装したり、のんびりとエイドを楽しむランナーもほとんどいない大会です。

では、

「トレーニング目的?」

これが一番しっくりくるはずなんですが、桐生は比較的フラットで、走りやすいコースなうえに、距離はハーフ。

これならわざわざ遠征せずとも、自宅周辺のアップダウン路を走った方が、今の自分には有用な練習になるのでは?



そう考えれば考えるほど、レースに出る目的を一つ、一つ、見失っていきました。

更に、加えては足の怪我の状態。


一応レースに合わせて、12日(金)と13日(土)の2日間をレストにしましたが、やはり左かかとの軽い圧痛が残っていることと、左側の臀部から大腿にかけての痛みもあり、ここを押してまで出場することにも懸念がありました。



・・・・・・・



時間だけが流れ、悶々として寝付けなくて、リビングに降りて、嫁さんに一言


(私)「俺、明日の大会でちゃんと走れないかも」

(嫁)「じゃあ、歩けばいいじゃん」

(私)「・・・・・」



これで、スッキリしました。



そりゃ、そーだ。

別に大会で走ることを強要されているわけじゃないんだから、走れなきゃ歩けばいい、歩いたのではレースにならないなら、出るのを諦めればいい。

どのみちレースに出なくても、日曜日に走らずにいられないのは自分自信がよく分かっている。

だったら、近くを好きなように走って、走れなかったら歩いたって、止まったって誰にも迷惑をかけない方が、精神的にも身体的にもいいはず。



・・・・・・・


そんなわけで、


(私)「よし、明日は棄権しよう!」


そう嫁さんに言うと、ようやくゆっくり眠ることができました。




・・・・・・・




そして、レース当日の朝


うそでしょ? ってくらい暖かな朝。

氷点下が当たり前の厳冬期の長野にあって、信じられないくらい暖かい日でした。


「こんな日にレースは最高だろうな」


と、思いながら、自宅周辺をラン。

日中の最高気温は、路上の気温計で20度にも上がり、4月中旬のような陽気でした。


やはり走りはじめると左かかとに痛みを感じ、うまく走れません。

それでも、2km連続の上り坂で、少しでも楽に走れるフォームを模索したり、急な下り坂でスピードを上げて脚に刺激を入れたりと、それなりのトレーニングはできました。



しかし、



今日も本当にコンディションが悪くて、9kmで脚が一気に重くなり、12kmでは呼吸が苦しくなり、スローダウン。

16kmで脚が止まると、もう自分の体とは思えないような違和感を感じました。


怪我の影響で、フォームが崩れたことで、ふくらはぎにばかり負担がかかる走り方になってしまいました。

立て直すには、まだまだ時間がかかりそうです。



先ずは、健康な体に戻してから・・・・


そういえば、今回の大会の参加資格に、こんな文言がありました。


「16歳以上で21.0975キロメートルを2時間以内で走れ、健康で体力に自信のある人。」




健康で体力に自信をつけてから、再出発します。





最後に、

ブロ友さんたちから頂いた、今回の大会出場の関するメッセージも、大変参考になりました。

本当に、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 先ずは次走の「能登和倉」に向けて駆けだします。
にほんブログ村

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして!いつも楽しく拝見させてもらっています。私はギリギリサブ3ランナーですが、嫁からの理解は皆無で、走ってるじかんあるなら家事しなさいと、日中でかけられるような自由な時間は全くなく、金のかかる大会など問題外という状況で、何とか帰宅ランのみで凌いでいます。
今回は棄権とのことですが、次また走れる 治ればまた大会に出られる。更に言えば怪我をしての悩みというということも、とても羨ましい環境です。しっかり怪我を治して、是非また長文ブログを書いてください!稚拙な文章ですいませんm(__)m
ソウ 2016/02/14(Sun)16:25:47 編集
Re:無題
ソウさん、初めまして&コメントありがとうございます。

ソウさんは帰宅ランのみでサブスリーって本当にすごいですね。

時間に制約がある分、帰宅ランでのトレーニングが本当に濃密なんだと感じました。

私は時間の制約が少ない分、自由にやらせてもらってますが、その分密度が薄いことを痛感しているところです。

でも、共通なのは「嫁さんの理解が無い」ことでしょうかw

走ろうが走るまいがご自由にどーぞ・・・ってスタンスですから、走りに関心が無いというより、私自身に関心が無いようですwww

でも嫁さんからの関心が無い分、同じ趣味や境遇のお仲間から関心を頂いておりますので、長文ブログで語っていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します!
【2016/02/15 16:46】
無題
RXさんこんにちは。「大会どうされるのだろう」とずっと気になっていました。
DNSという選択肢を選ぶことの辛さは、自分もランナーの端くれとしてよくわかります。今回、とても苦しく難しいものだったと思いますが、今の状況からすると正しいご決断だと思います。
自分はよく嫁に言われます。「痛いのになんで走るの?休みなさいよ。治ってから走ればいいでしょ」前は「走らない人間には分からない!」と反発していましたが、最近はありがたいアドバイスかなと思っています。現に、「健康」という点に関してはおそらく自分より優秀ですから(笑)
奥様の一言、とてもいい後押しだったと思いました。
おたぬ 2016/02/14(Sun)17:51:42 編集
Re:無題
おたぬさん、色々なアドバイスありがとうございました。

私的にも今回無理して走ることは、「レースでの収穫」よりも「足を治すという本来の目的から逸脱してしまうのでは?」という思いの方が強くて、DNSの決断をしました。

正しかったかどうかは、「もし大会に出ていたら」というのがわかりませんので正否はわかりませんが、出なかったことによるメリット(無意味な移動コストをかけずに済んだことや、怪我の再発を防止できたことなど)があったのは事実だと思っています。

やはり、走るには健康が第一

先ずはしっかり怪我を治したいと思います。
【2016/02/15 17:00】
そういう選択も有りですね
何度もコメントしようと思いました
行くだけ行って、
ゆっくりでもいいから走ればいいじゃないかと
せっかく申込んだのだからー
でも、言われてみればそうですね
何といっても、制限時間が2時間ではー
景色もそうですね
以前、何日も前から足が痛くなり、歩くのもやっとという時に、大会がありました
その時は、時間ぎりぎりまで考えようと思い、
会場までは行きました
数時間前に到着し、準備運動(その時は、足もみ体操、自彊術、骨盤体操、その他)やれるもの全てやり時間まで過ごしました
何と、痛く無くなっていました
私の場合は、最終的には、完走出来れば良いと思っています そこは全然違いますね
大会に行かずに、走るというのも、ガンダムさんらしいです
今日は暖かかったですね
素敵な奥様です
これからも、焦らずゆったり、お大事に!
かめ&うさぎ 2016/02/14(Sun)18:05:42 編集
Re:そういう選択も有りですね
かめ&うさぎさん、ありがとうございます。

本当に私も「せっかく申し込んだんだから、走りたい」という気持ちが強かったです。

でも、「足を治す」と宣言しておいて「完治してないのに大会に出る」というのは、全く真逆の行為にも見えますし、現に出場して怪我が悪化したら「何やってるの?」って感じになってしまいます。

ただ、もし自宅から近い場所の大会だったら、やっぱり会場までは行っていたでしょうね。

かめ&うさぎさん同様、会場まで行ってマッサージしながら、ギリギリで痛みが軽ければ出よう!ってノリで行ったはずですが、今回の会場は結構遠いので、これが結果的に諦めに繋がったのかもしれません。

更に、嫁さんの一言には本当に救われました。気持ちの面でグッと軽くなりましたので、これには本当に感謝です。

大会参加は完走が最低目標。

ですから、次走の能登和倉は、その自信が出来てから臨もうと思います。
【2016/02/15 17:48】
成長。
明けましておめでとうございます!

今日、走りながら、RXさんは、堀マラソン走ってまったろうな。いつでもスタート、フィニッシュ、諦めないRXさんだから。それはそれで結果を残すんだろうな。と、思っていた。

そして、今日のブログをみたら、DNS。…おばちゃん、涙、涙。
辛い選択だったことでしょうが、この選択は絶対に次の成果に繋がるよ。

堀マラソンは、思い入れが強かったとおもう。

でも走ってしまったら、悪化は確実やったよ。

本当に素敵な奥さん持ったね!

深い愛情の固い絆の家庭。基盤がしっかりしてるから走りとしても結果がすばらしかったんだね。
しっかり治した後のレース、成果が楽しみです!

辛かったね。でも、正しい選択でしたよ。
ペンギン 2016/02/14(Sun)23:16:04 編集
Re:成長。
そういえば、ペンギンさんは今年お初ですね、「明けましておめでとうございます」

さて、今回のレースですが、本当にギリギリまで悩みました。

レースに出ることは、強度の高いトレーニングにもなっているので、絶対に次のレースの為になると思っており、無駄にはならない・・・だからこそ、これまで怪我が治ってなくても出続けてきたわけなんです。

しかし、今回はあまりにも準備不足なうえに、目的が明確でなさ過ぎたので、「このまま出るのは、大会関係者に対しても失礼なんじゃないか」とさえ感じていました。

結果、初めてのDNSとしたわけですが、次走もどうなるかわかりません。

怪我の状態は「かなり良くなった」のは間違いない反面、「完治したか」と問われると、クエスチョンマークがつくくらいです。

本当に痛みが全くない状態になるのは、もしかしたら春までかかるかな?って感じですが、できれば長野までには、最低でも野辺山100kmまでには間に合わせたいと思っています。

今回嫁さんの一言でDNSを決めたことが、結果的に吉であったと信じたいです。
【2016/02/15 17:50】
無題
いつもの管理人さんなら絶対走ってましたよね(笑)

ランナーにとってDNSを選択するのは本当に勇気がいると思います!

その選択をした管理人さんは本当にカッコいいです(^ω^)

僕は、その勇気を持てずに怪我が完治せぬまま100km走るというアホなことをして他の部位を痛めた苦い経験があります。

完治はもうすぐです!
焦らずいきましょう(・ω・)ノ
ショー 2016/02/15(Mon)08:02:09 編集
Re:無題
ショーさん、ありがとうございました。

今回DNSするにあたっては、本当に多くの方からご意見を頂き、いろいろと考えることが出来ました。

で、一番根底にあったのは「もしレースに出て怪我が再発したら、これまでのレスト期間が無駄になる」という思いでした。

普段のランなら、ダメならすぐにやめられますが、レースならきっと無理してでもゴールしますから、怪我の再燃リスクは非常に高いと感じ、同様の意見をたくさん聞きましたので、結果的にこれでよかったのだと思います。

完治については、本当にもうすぐであってほしいと念じています。

おっしゃる通り、「焦らずに行こう」と思います。
【2016/02/15 17:12】
選択肢
苦渋の決断だったと思います
どれを選ぶのが正解なのか・・・
今回はこれで正解だったと

和倉まであまり時間無いですがキッチリ直して
憂さを晴らしてください
カイト 2016/02/15(Mon)14:37:20 編集
Re:選択肢
カイトさん、ありがとうございます。

>どれを選ぶのが正解なのか・・・

これって、誰にもわからない答えですよね。

大会に出た場合の結果は誰にもわからないので、もしかしたらこっちが正解の可能性だってあると思っています。

でも、今回はDNSを選んだわけですから、この行動を無駄にしないようにせめて怪我の完治だけは果たしたいと思っています。

和倉は、おっしゃる通り期間が残り少なく、フルを満足に走り切れるほどに回復してるかわかりませんが、先ずは直近の目標として頑張ろうと思います。
【2016/02/15 17:27】
あ~あ~
今までは単なる
酒好きのランニングバカだったRX-93さんが
とうとうかっこいい
大人のランナーなってしまいましたw
(当然褒めてます♪)

ていうかねー
私の将棋の友達も2時間53分台で走っちゃって
RX-93さんも大人のランナーになってしまって
私はランニングで競ってるわけじゃないんだけど
かっこいい大人として同じステージに立てていません。。

同世代の活躍はそのまま私たちの勇気に繋がります。
完全休養とは言いませんが
無理しないで頑張って下さいね♪
りょうま 2016/02/15(Mon)15:58:25 編集
Re:あ~あ~
りょうまさん、ありがとうございます。

本当はランニングバカに徹したかったんですけどね~

でも今回は、レストの期間があまりにも長かったため、走力がかなり落ちた結果、本大会でまともに走れる自身すらなくなっていました。その上、出場してロクに走れないばかりか、更に怪我も悪化したなんて言ったら、「ただのバカ」になってしまうので、今回はこういう選択になりました。

「同世代の活躍する姿は励みになる」というのは、本当にそうですね。

りょうまさんの昼に夜にと働く姿や、子育てにかける情熱など、見習う点も本当に多く、励みと共に勉強になっている感じです。

40代って、それぞれが、それぞれのステージで一番頑張っている世代のように感じますので、今日もブログで拝見するりょうまさんの光るステージを楽しみにしております!
【2016/02/15 17:38】
辛い決断
会長、今回、ほんとに辛いご決断だったと思います。
しかし、今の状況を乗り越えたら、さらにパワーアップした体を手に入れることができるはずです。

走ってみての感覚はご自身でしかわかりません。
ご自身の感覚と経験を信頼して完治を目指してください。
ヨッシー URL 2016/02/16(Tue)00:04:37 編集
Re:辛い決断
ヨッシーさん、ありがとうございます。

今後、更なるパワーアップができるかどうかはわかりませんが、現状で大幅なパワーダウンをしてしまったのは間違いないようですw

今は、足の様子を見ながら、徐々に走れる体を取り戻す作業が中心ですが、頑張って治していきます。
【2016/02/16 11:40】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS