忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


タイトルは華々しく「豪華3本立て!」となっておりますが、

単に、


小ネタが3つあった!


という程度のお話ですww


尚、構成は


ランネタ ⇒ 読書 ⇒ ランネタ


と、面白かった本の紹介をランネタでサンドw


というわけで、


3話一挙ですが、どーぞ(^O^)/



・・・・・・



第1話 2月を終えて



2月も終わり、今日から3月。

2月は、足の怪我の完治をめざし「無理はしない」ことをモットーに取り組んできました。

もちろん予定していたレースも棄権し、走る量も負荷も各段に減らしてきました。



昨年までを振り返ると、普段の月は400km~500km走っていた私ですが、2015年の夏に痛めた脚が全く良くならず、「このままではダメだ!」と一念発起。2016年シーズンについては、「先ずはきちんと脚を治してからリスタートしよう」。この思いでやってきましたので、極力「痛くなったら無理をしない」ようにやってきました。

その結果、

2月の走行距離は、338kmと昨年の月間平均走行距離を考えると距離は8割程度に抑えました。更に運動強度を鑑みれば、練習のほとんどが「ジョグ」というゆるーい状況でした。


そのおかげで、走力は劇的に低下w(←実は笑えない)

最近ちょっと負荷を上げて、サブスリーのレースペースギリギリである、キロ4分10秒前後で試しに走ってみますが、これがきつい!

レースなら42kmだって持続できるはずのペースのはずが、今の私にとっては「無酸素性代謝閾値(マラソンで走れるギリギリのレベル)」を超えており、このペースまで上げると、すぐにオールアウト(限界まで追い込んで力を使い果たす事)になってしまいました。

更に、走り込みが減った弊害で痛いのが、体重の増加。

やはり、走る量も強度も減ったのに、酒の量だけは増え(←ここが問題w)、ただでさえ太りやすい条件の中、輪をかけて太るという悪循環になってしまいました。

現在の体重は、フルマラソンで自己ベストを出した時から比べれば、確実に2~3kgは体重が増えております。

そんな状況ですから、もしかすると、今「坐骨神経」を圧迫しているのは臀部の「梨状筋」ではなく、臀部の「脂肪」なのかもしれませんww





第2話 おじさんだって、たまにはトキメキたいw



2月28日(日)の読売新聞。

紙面広告欄で紹介されていた「1冊の本」がありました。

タイトルは「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」です。

超有名な本ですから、知ってる人も多いでしょうね。

ちなみにこの本は、2014年8月が初版ですから、初版から既に1年半が経過しています。しかし、今年の12月に映画で実写化(主演が福士蒼汰さんと小松菜奈さんのキャスティングにて)されるので、再度原作が紹介されたようです。

ちなみにこれ、「2015年に20代女性に最も売れた小説」だそうで、40代のおっちゃんが読むには敷居が高く感じられ、私自身は未読の本でした。


が、

新聞広告には、「ただの純愛小説じゃない(40代男性)」というコメントもあり、



ついに購入しました! Σ(゚◇゚;)マジデッ!?


そんな訳で、

昨日の会社帰りに買った本を手に帰宅。

帰宅後はちゃっちゃと夕飯を済ませると、すぐに


寝室へ逃げ込んだ!w



なぜって?

実はこの本「号泣必至」とか、「必ず2回読みたくなる、そして必ず2回とも泣く」と、「泣ける小説」が売りになってます。

ので、

さすがに、「43歳のおっちゃんが、リビングで純愛小説を読んで号泣」する姿は、


家族全員の爆笑を誘う


のが間違いないので、そっと一人静かに読書ですw



・・・・・・


いや~

2時間ほどで、一気読みしました。

やはり寝室への避難は正解でしたねw(←何があったかは察しましょうww)


ま、


どんな内容だったかは、タイトルから察っして頂けるとーりです。

ちなみにネタバレは嫌なので、本の裏表紙に書いてあった程度のことを載せれば、


京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。
高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。
気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて──。
「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」
奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。
彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。




という感じです。


確かに書いてある通り、1読して全てがわかった瞬間に、すぐに2読目をスタートしようとしてましたww


ちなみにSF要素が入った恋愛小説なので、個人的な感想は、

『ああ女神様』の「森里 螢一」と「ベルダンディー」の関係みたい。(←わかる人だけついてきましょう)

って感じでしたので、




こっちを再読しましたww

まぁ、

何はともあれ、面白かったので未読の方は是非どうぞ!





第3話 足跡をたどれば



2月も終わり、今日から3月。

暦の上では春ですが、今日は雪でしたね。


なので、


朝ランは誰も足跡を付けていない、新雪の積もった歩道を走ってきました。


ので、


路上の足跡は私のものだけ。


とくれば、足の接地位置の確認ですね。


なるべく真っ直ぐに足がつくように気を付けてみましたが、結果はどうでしょう?


ちなみに、「登り坂」・「平たん路」・「下り坂」の3週類で撮影しています。


では、先ずは「登り」から。



左右の足共にがに股です。

これは、坂道を駆け上がろうとすると、力が入るので、どうしても「がに股気味」に接地して、そのまま状態から、踏み込むような感じで走っているのがわかります。

では逆に下りはどうでしょう?



右足は比較的真っ直ぐ入っているものの、左が外に開いているように感じます。

やはり左足の故障の原因には、足の動きの「左右差」が絡んでいるような気がしてきますね。

では、

最後は、「平たん路」です。



ここも下り同様に左右差を感じます。


つまり、

登りは左右共にがに股傾向ですが、その他の路面では右足が比較的進行方向に真っ直ぐ接地できる反面、左足は常に外に開き気味に接地してしまう。

そんなところでしょう。

しかし、これは色々と問題を引き起こす原因になっているようです。

ちなみにそれを裏付ける興味深い記事を見つけました。

それは、

「がに股で走ること」に関する、「ランニングコーチの指摘」についてですが、コーチはこのように言っているそうです。


「ランニング中に足先と膝が外側を向いているということは、脚の外側の筋肉ばかり使っている証拠(内側の筋肉が使われていない)です。これを放っておくと、せっかくのパワーがうまく伝わらないばかりか、「腸頸靭帯炎や梨状筋症候群などの障害を引き起こしやすくなる」

ということです。

確かに私は、走ると足の外側の筋肉にも大きな負荷がかかっています。特に腓腹筋などは、負荷をかけるとすぐにパンパンになります。

更に「梨状筋症候群」といえば、まさに現在罹患中の「坐骨神経痛」にも直結しますので、これらの指摘は、変に合点がいっている感じがしました。

やはり、足の故障改善には、フォームの改善も肝になってくるんでしょうね。





・・・・・・・



さて、そんなわけで、本日は小ネタばかりを3本放り込んでみました。

ちょっとした話のはずが、気がつくと結構なボリュームになってしまい、「誰がこんなに読むんだ?」という気持ちがふつふつと湧いてきてしまいましたww


ですので、


もし、ここまで読んで下さった方がいたとしたら、


♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー


の一言です!





本日のラン  10.21km 55分07秒 (雪道ジョグ)
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 久しぶりの長文でしたw
にほんブログ村

拍手[13回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
東京マラソン
いつも更新を楽しみにしております。
以前、2度ほどコメントさせていただいた葱です。
故障は辛いですよね、はやる気持ちはお察ししますが、
来シーズンはベストな状態で走れますよう、くれぐれもご自愛ください。

さて2度目の出場となった東京マラソンでPBを大幅更新出来ました!
タイムは3°00′40″!あと1秒/1km速く走れていれば
サブスリー達成だっただけに悔しさも一入ですが、
実力以上の走りが出来たことは今後の自信に繋がりました。
過去に何度も跳ね返されて来たサブスリーの厚い壁、
今回もサブスリーペースで押して行けるなんて思っていなかったのですが、
以前アドバイスいただいた「絶対に出来ると信じる」ことに徹し、
最後の最後まで力を振り絞りました。

今後ともトレーニングやマラソンへの取り組み方を
参考にさせていただきますので宜しくお願い致します。
2016/03/01(Tue)17:15:29 編集
Re:東京マラソン
葱さん、お久しぶりです!

そして東京マラソンはお疲れ様でした!

天候も良く(ちょっと暑すぎでしたでしょうか?)、当然のごとくの大声援で、素敵な大会のなかでのPB達成、本当におめでとうございます。

何よりも、葱さんの不断の努力の結果だと思います。

それにしても、あとちょっとでしたね。

私もサブスリー達成直前のタイムが3時間00分29秒で苦汁を飲み、5か月後のフルでやっとサブスリー達成できたことを、今でも鮮明に覚えています。

ですから、次回の大会は、是非サブスリーを狙っていきたいですよね。

きっと、希望の結果が待っていると思います。

先ずは、激戦の疲れをいやして、ゆっくりお休みください。

本当に、PB達成、おめでとうございました!
【2016/03/01 18:02】
おじ3さんへ
拍手コメントありがとうございました。

やはり、「がに股」はあまりいものではないみたいですね。

紹介いただいたブログも拝見しました。

ひざ下をほっそりさせるのは、本当に目標の内容なので、是非実践して効果を確認したいですね。

でも、その前におじ3さん同様、私も怪我を早く治さないと!
ブログ管理者 2016/03/01(Tue)18:07:05 編集
フォーム
自分のフォームを見ると
超がっかりします
典型的な「がに股&腰落ち」スタイルです

どうすれば直せるのか?
色々考えますよね

「4スタンス理論」で言うところの
B1タイプが当てはまる自分
内股気味に着地して(進行方向に対して中指が真っ直ぐ)指を使わずにリリース!
・・・
難しいですけどね


フォーム追求は永遠のテーマとして楽しみたいと思います


いつもの刺激的な記事
有り難うございます
カイト 2016/03/01(Tue)20:13:11 編集
Re:フォーム
フォームに関しては、カイトさんのおっしゃる通り「永遠のテーマ」ですよね。

トップランナーでさえも日々模索してるそうですから、市民ランナーだって日々模索です。

でも、変えるのは難しいですよね。

私もなかなか変わってきません。

でも時々、「オッ!?」という、いい感触がある時がありますが、カイトさんもそう感じる時がありませんか?

それが、意識的に出せれば、言う事なしなんですが、なかなかうまくいかないのがマラソンの奥深さだと理解しています。
【2016/03/02 10:01】
ぼくは明日…
その本、本屋で見つけて目に留まりました!
意味深なタイトルですよねー

恋愛系はどうしても
切なかったり辛かったり
最近は死や病までも扱われたりするので
簡単には手を出さないようにしています(汗)

最近は深キョンのドラマくらいですねー
主任さん役のディーンさんが
実物はちょっと細かい神経質な感じですが
役の中では超素敵なんですw

あ!あと
再読してるのが『ときめきトゥナイト』!?
切なくも苦しくもないコメディータッチ(笑)
平和が一番ですw

ランのコメントは
他の皆さんにお任せです(笑)
りょうま 2016/03/02(Wed)15:42:19 編集
Re:ぼくは明日…
泣ける恋愛系は「誰かが死ぬ」又は「重篤な障害を抱える」のが定番らしいんですが、

安心してください(←まだこんなくだり使ってる人いるのかな?w)

誰も死にませんから!

そう、後で他の人の書評を見ても「誰も死なずにこれほど泣けるとは」と綴っているくらいですから、是非お試しを。

そして、ときめきトゥナイトは、なつかしい~

いとこの女の子が、コミックスもってたから、読んだことがあるのは覚えてるけど、ストーリは忘れてます。

小学校の頃・・・だった記憶があるけど、違ったでしょうか?

今は、昔の漫画の復刻版がたくさん出ていますよね。懐かしさから再履修したいものがいっぱいあって、私も困ってます(笑)
【2016/03/02 17:37】
無題
あ、マジですか?
私も泣かせる恋愛小説は手を出さないんですよね。
死ぬやつとか絶対読まないw
でも違うんだ!しかも二度読みしたくなるのかぁ。ちょっと興味湧いてきましたよ!

あーでも純愛もあんまり好きじゃなくて・・・。
もう一声!背中を押す一言をお願いします!!
みち 2016/03/03(Thu)15:53:34 編集
Re:無題
じゃあ、えっと~・・・

追加おすすめポイントは、


現実世界では起こりえない、ファンタジー要素あり。

「時」をキーワードにした仕掛け(謎)が面白い。

最初は主人公の男の子視点で一読し、謎がわかったら今度は女の子の視点で読みたくなる、一粒で2度おいしい構成。

電車通学したことがある人なら、当時を思い出せる(らしい)

「読書メーター」(http://bookmeter.com/b/4800226104)で、4000人近くがレビューしているが、好印象が多いので、「とりあえず、抑えとくか」って感じで読むのもあり。

そして最後に

この世界観は、進撃の二次小説づくりに役立つ(かも?w)

こんなあたりでどうでしょう?

背中は、押せましたか?

とはいえ、好みは十人十色。

「ちっ!買うんじゃなかった」

って思う恐怖があるようでしたら、図書館もアリですよ。
【2016/03/03 17:17】
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS