忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新CM
[10/17 りょうま]
[10/16 ブログ管理者]
[10/15 ヨッシー]
[10/13 ブログ管理者]
[10/13 りょうま]
最新TB
PVアクセスランキング

激闘となった大町アルプスマラソン。

その本編は前回記事の通りですが、本日は「番外編」と称して、レース前とレース後のエピソード、そしてレースのラップ表を掲載して、お送りしたいと思います。



・・・・・・・・・



2017年10月15日 AM1:30

夜更かししている嫁さんの就寝と交代で、超早朝起床w(←朝ではないw)

で、

AM2:00 大町に向けて出発!

ということで、

超早朝(←だから朝じゃないww)に大町に向けて車を走らせるのでした。



さて、

自宅から大町までは、車で2時間弱。

ですので、4時前には会場入りしてしまうんですが、なんでこんなに朝早く出たかというと、

「会場駐車場で、2度寝するためw」

でした。


ちなみに受付開始が6時50分からですので、4時頃から7時頃まで寝れば、たっぷり3時間眠れます。

ので、

狭い峠道を使い、山を3つほど超えながら大町へと向かていくのでした。


ちなみに、


どれだけ狭い峠道かというと、こんな感じです。



(深夜は暗いので、帰る途中で撮影w)

普通車2台がギリギリすれ違える場所が一番道幅が広いところで、それ以外はまともにすれ違いもできないような抜け道です。

ので、

夜道では狸の飛び出しが多く、道中2回轢きそうになりました。


・・・・・


で、狸をかわしながら走ること1時間45分後


無事大町の大会会場の駐車場に到着!

しましたので、


予定通り、4時に就寝・・・・Zzzz



・・・・・・・・・・



で、

AM 7:00


再起床 (^o^)/
 

たっぷり3時間追加で寝ましたので、気分はすっきり♡

ですが、



空は全く「すっきりしていない」感じでしたw


で、

先ずは、受付だけを済ませようと、



受付会場へ行きました。

ちなみに「フルマラソン一般男子②」の受付の女の子が「かわいい」と、近くの兄ちゃんたちがざわついていましたが、私はその子を横目に「一般男子①」の受付に並ぶのでしたw

で、

受付後、再び車に戻ると、朝食(コンビニおにぎり2個と卵サンド)を食べたり、受け取ったゼッケンをウェアにつけてからレースウェアに着替えたり、シューズに計測用チップを取り付けたりなどと、準備をしながら、まったりとした時間を過ごしておりました。


・・・・・・・・・


AM 8:00

 

雨も降っていたので、車から直接スタートラインに向かってもよかったんですが、車のキーやスマホなど、ちょっとした手荷物を預けたかったので、レース後の着替えも含めて手荷物預かりに預けていきました。


・・・・・・・・・・


AM 8:30


スタートラインに召集


・・・・


で、

8:50から、レーススタートとなりました。


ちなみに、レースの様子については、前回記事の通りとなっております。

ので、

今回は、各ラップを参考までに掲載いたしました。


先ず、ランニングウォッチで計測した高低図やスピードなどの全体図がこちらです。



(青が平均ペース、赤が標高)

で、このコースの各ラップがこんな感じでした。(←すんごい縦長だよw)








ちなみに序盤の下りでもキロ3分台はありませんので、いかに前半セーブしたかがわかると思います。

でも、

最後まで足が残せたわけではありませんので、35km以降の下りでは、「下りとは思えないほどの遅さ」となっておりましたw




・・・・・・・・・



レース終了後の昼 12:00頃
 
 
レースの死闘も終わり、ヨロヨロと手荷物を受け取りに行きました。

荷物を受け取り、雨や汗でぐしょぐしょに濡れたウェアを脱ぎ、持ってきた着替えに着替えると、気分もすっきり!

したので、

恒例のイベントブースに向かいました。


で、


毎年の通り、



キノコ汁のコーナーで、キノコ汁を頂きましたが、あまりの疲労感で箸が進みませんw

ので、

いつものように、「肉食いた~い!」となるどころか、いつも頂いている「お豆腐」すらのどを通らない感じがしました。

が、

ボロボロの筋肉に「たんぱく質」を補給せねば!

ってことで、



薬(サプリ)感覚で、豆腐を胃に押し込んだのでした。



・・・・・・・



さて、

激しい疲労感から、「食欲」はありませんでしたが、しばらくすれば「酒欲(←こんな言葉はないw」が湧いてくるだろうということで、さっさと自宅に戻りました。
 
ってことで、

朝(?)来た峠道を使って、自宅へと戻っていくのでした。



・・・・・・・



さて、

自宅に戻ると、誰もいませんでした。

そう、娘は部活の大会で、嫁さんはそのお迎えに行っていたので、私はまったりと

「慰労会(一人)」

をしつつブログを更新。

をしていたら、

嫁&娘が帰宅

したので、結果報告をしつつ、娘にお土産を手渡しました。

ちなみに、

今回のお土産は、そう、



会場で配られていた「クマ避けの鈴」w


ちなみに大町は、クマ出没地域なので、毎年安全の為にランナーに配布しているもので、この日も大勢が「チリンチリン」と鳴らしながら走っていました。
 
ちなみに、私は鈴はもらってみたものの、やかましいのでつけませんでしたから、これをそのまま娘のお土産に変身させたということですwww

もっとちなみに、このお土産の狙いは、ブログ的に

「お土産と言ってクマ避けの鈴を娘にあげようとしたら、「クマ」じゃなくて「娘」が寄ってこなかったw」

ってオチにしようと思ったんですが、

 

意外と「ヘアゴム」代わりに、つけて喜んでましたw(←写真をせがむんじゃないw)



・・・・・



さて、

その後は、毎度の通り飲んだくれて、グダグダで就寝・・・

翌朝は全身筋肉痛でボロボロでした。

が、
 
今回のレースを経て、何とか次の目標を見いだせそうな状況になっています。

ちなみに、今回のレースで見えた、現在の致命的な欠点は、

「持久力の無さ」

この一点に尽きると思いました。


前半あれだけ抑えた走りをしたのに、後半にほとんど足を残せず、ビルドアップどころか見事なビルドダウンw

なので、この秋冬の走り込みが、来年の春に生かされるのだと思っています。

ので、

先ずはロングの走り込みが必須ですね。


気持ちを新たに、頑張りましょう!





本日のラン 疲労抜きアクティブレスト 7.38km 48分47秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ まだまだ「春」は遠いね
にほんブログ村

拍手[4回]

PR

2017年10月15日(日)

本日は、7年連続7回目の出場となる、「大町アルプスマラソン」当日です。


レース前の事や、ランアフターのことは後日アップする(と、思いますがw)

ので、

本日は「レース本編」から行きたいと思います。


で、

やっぱり、予想通りの超長文・・・


宜しくお付き合いの程、お願いいたします。


・・・・・・・・・



AM 8:20


スタート30分前なので、スタートゲートに整列しました。

ちなみに、いつもは「ほぼ最前列」あたりを陣取りますが、今日は「トレーニングレース」と銘打っており、序盤は抑えて入ることにしておりますので、

「ランパン・ランシャツ&超高速シューズ」

といった格好で身を固めた、

「いかにも速そう」

って方々の一歩後に陣取りました。

ので、

周りから聞こえる声は、友達から今日の目標を聞かれた人が、

「このコースで、3時間半きれたら上等でしょう?」

と、自分の目標に近い面々がいたことで、最初の1kmはこのポジションから無理に上げずに流して入ろうと考えていました。


・・・・・・・・


さて、


本日の天気予報は、9時から12時頃まで雨の予報。

でしたので、

 

朝は思いっきり曇天(AM7:30の駐車場)

でしたが、

やはりスタート近くになると、小雨が降ったりやんだり。

で、

「日本一標高の高い陸連公認フルマラソン」

というだけあって、気温も低い。

ので、

トイレが近くなり、のっけから「嫌な予感」しかしないレース直前だったのでした。


・・・・・・・


で、スタート1分前。

緊張感が高まります。

・・・・・

スタート10秒前。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・(シーン)


(´・ω`・)エッ?


雨で雷管が湿ったのか、いきなりスタート合図が不発w


でも、直後に


パーン!


・・・・・・・!?


( ; ゚д)ザワ(;゚д゚;)ザワ(д゚; )


会場ざわつく中、グダグダのスタートでしたw



・・・・・・・・・



さて、


冒頭の通り、序盤は抑えるつもりでしたので、スタートのアクシデントも気にせず、抑え気味に進んでいきました。

尚、このコースですが、




このような、アップダウンコースです。

8km位まで下り、そこから21km位まで上り、25kmまで下ったら、30km位までほぼ平坦な道を行き、そこから又34km過ぎまで登り、終盤は41kmまで下り勾配。

で、ラストは、500m程登って陸上競技場に入り、トラックを1周回ってゴールとなります。

つまり、常に登りもだらだら長く、下りもだらだら長い、やりにくいコースとなっておりました。


・・・・・・


さて、

そんな下りの1km通過タイムを、手元の時計で見てみると・・・

「4分37秒?」

い・・・いくら何でも遅すぎでは・・・

と、多少混乱しますが、続く2kmも「4分13秒」と、下りとは思えないスローペース。

でも、

「最後まで粘れるように、スローペースも予定通りだ」

と、自分に言い聞かせ、坂を駆け下りていきました。

と、

心拍数は170前後でしたので、きつくも楽でもないペースで、順調に進んでいくのでした。



・・・・・・

更に少し行くと・・・

嫌な予感が的中・・・


やはり、寒さでトイレが近くなり、3km過ぎからソワソワ・・・

で、

4km過ぎの給水所にトイレがあり、緊急ピットイン!

放水で時間をロスしたので、慌てて給水も取らずに最初のエイドを通過していくのでした。


・・・・・


さて、

身も心も軽くなり、坂を駆け下り続けた8km過ぎの折り返し地点。


ここからは、21kmまで続く、登り坂地獄となりました。

距離にして13km。

頭で考えると、気が遠くなりますので、「とにかく無心」を心がけ、「時計は見ない」、「後何kmで登りが終わるとか考えない」で、リズムを大事に上っていきました。


・・・・・・


とはいえ、長い長い上り坂。

ちなみに3週間前の駒ヶ根で行われた「山岳ハーフ」では、15kmほどで脚が終わり、ヘロヘロでゴールした21kmとなりました。

ので、

やはり今回も、15km過ぎあたりからは、弱気の虫が騒ぎ始めました。


歩きたい・・・・

休みたい・・・・

やっぱり無理だよ・・・・


って、

でも・・・


もう一度頭の中で繰り返します。


今日の目的は、タイムじゃない。

先ずは山の42kmを制覇すること。

その為の、序盤のスローペースじゃないか。


すると、踏ん張りがきくかと思えば、

そんな心の葛藤をあざ笑うかのように、

雨も風も強くなったり、弱くなったりと、私の心を揺さぶっていくのでした。


・・・・・・・


き・・・きつい・・・


でも、

ようやく見えてきた21km地点。

すると、

「登り切った安堵感」

と、

「脚はまだ残っているのか?」

という不安感。

いろいろ入り乱れていましたが、とにかく山を登り切ることができました。

更に、

少し行くと「ハーフ通過ポイント」の看板があり、ここで2km地点以降で初めて手元の時計を見てみると・・・


・・・・・・


色々な思いがありました。



・・・・・・


さて、

坂を登り切ると、ここからはしばらく下りがある。

先ずは息を整えて・・・

と、

そう思うと、自然とペースは思ったよりもゆっくりとなり、「ガンガン攻める」感じにはなりませんでした。

でも、

振り返ると、このコースは7回目ですが、うまく走れたのは最初の3回だけで、それ以降は25km~30km地点でことごとく撃沈していました。

つまり、4回目~6回目は、必ずこの区間で歩いてしまっていたのでした。

ので、

下でもスピードが上がりませんが、

「これも作戦の内、予定通り30km地点までは我慢。そこからは気合で上り坂を制して、35km以降は根性で勝負」

そう言い聞かせて行きました。


・・・・・


しかし、

何とか長い坂を駆け下りますが、疲弊した脚には下もきつい・・・

ので、

下り切った後の平たん路は、もっときつい・・・

という気持ちでしたが、

「まずは、木崎湖の折り返し地点までガンバロウ」

と考えていました。


で、


折り返した後は、

「次は30km地点までガンバロウ」

と、小さな目標をクリアすることで、心を支えていきました。

が、

「一昨年は同じことをして、30km通過で満足して歩いてしまった」

ので、

「クリアしても満足しない!」

「さらに次に進む!」

と、なけなしの根性を振り絞って進んでいきました。



・・・・・・



さて、

30kmを過ぎると、ここからは最後の登り区間。

もう、心も体もいっぱいいっぱいですが、

「キロ6分まで落ちてもいいから歩かない!」

そう自分に言い聞かせて登っていきました。


・・・・・・・・


長い上り坂・・・


周りのランナーから聞こえる荒い息遣い。

周りには歩いている人が何人もいる。

自分も歩きたい。


・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・


そうこうしながら、いくつものコーナーを曲がり、

ふと見上げると・・・、


坂の頂上が見えた・・・・・



「あとちょっとだ!」

「頑張れ!俺!」

「頂上につけば、気持ちも変わる!」



そう信じて進んでいきました。


・・・・・・


やっとのことで坂を登り切り、ここからは下り。

ですが、

下りですら歩きそうになる・・・



すると、「ラスト5km」の看板。


もうキロ何分で走っているのかもわからない、「ヨロヨロの脚」。


すると、


「もし、歩かず完走できたら、今日の俺は感動できるのかな?」


そんなことさえ考えていました。


・・・・・


ラスト4km・・・

ラスト3km・・・・・・

ラスト2km・・・・・・・・・・・



で、


ようやくたどり着いた「ラスト1km」の看板。


ここを過ぎると、すぐにメインスタジアムの敷地に入っていきました。


すると、

周りからは、大歓声が!


「お帰りなさい!」

「ナイスラン!」

「あと少し~!」


ちなみに、

ここ3年は、情けない気持ちでこの声援を聞いていましたが、今年は少しだけ胸を張ってこの声援を聞いて走っていきました。


・・・・


ラストの陸上競技場のトラック1周。

土のグラウンドなので、雨で湿って思うように走れませんでした。


それでも、

できる限りの力を振り絞り・・・


ようやくたどり着いたゴール!


・・・・・


はぁ・・・はぁ・・・


終わった・・・

もう走らなくていいよね・・・

座りたい・・・


・・・・・・


ゴール後は、すぐにベンチに腰掛け、フィニッシャーズタオルをかけてもらいながら、スタッフの小学生にシューズに付いている計測用チップを外してもらいました。

で、

その小学生が、

「記録用紙は、あちらです!」

と、次の場所を促されても、なかなか立ち上がれませんでしたが、後がつかえていますのでゆっくり立ち上がって、ヨロヨロと記録証をもらいに移動しました。


・・・・・


で、

今日の結果です・・・






3時間10分04秒。

最後、3時間10分切れるかな?と、猛ダッシュしてみましたが、後5秒足りませんでした。

でも、

今日は、記録以上に充足感がいっぱいのレースになりました。

で、

ふと我に返ると、

着ていたウェアは、「汗」と、「雨」と、「こぼした給水」でぐっしょりと濡れていましたが、不思議とそこに、「こぼした涙」はありませんでした。


・・・・・・・・


そうだよな・・・


「今日の目標は達したが、本当の目標はここじゃない・・・」


そう、

本当の目標は・・・・





本日のラン  42.195km 3時間10分04秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 次走の目標は? そして、本当の目標は? 
にほんブログ村

拍手[16回]


さて、今週末は「大町アルプスマラソン(フル)」が開催されます。

お天気はイマイチ(曇り時々雨)の予報ですが、私の走りに対する状況は「もっとイマイチ」ですので、この程度の事は特に気になりません。


その一方で、


仕事の面では、次から次へと厄介事が舞い込んでいて、精神的疲労がキツイ状況です。

ちなみに「心技体」とはよく言ったもので、本来の意味とは異なりますが、心が疲れると、連動して体も疲れ、技も疲れてくるように感じています。それは、心の疲れが体の硬直を呼び、動きを固くし、疲労を招く。そういった悪循環が続いているような感じがしているのです。


ちなみに今週は、土曜も出勤日なので、休まる間もなく日曜はレース。

もちろん、土曜がどーのこーのは関係なく、今の状況では大町で希望とする結果を出すのは難しいことは、自分自身でもよく分かっています。

が、

出るからには、なんらかの「目的」を持って臨まないと、「ただ出場した」だけで、何の成果も得られません。

ので、

今回の目的は、
 
「トレーニング・レース」

と、位置づけました。


ちなみに前走の「駒ヶ根ハーフ」の目的は、「今の走力を知る」ことでした。その結果は、後半の大失速を含め、「ハーフすらまともに走り切るだけの走力が今の自分には無い」ということがわかりました。

その後は、これまで約2週間のトレーニング期間がありましたが、30km走は1度だけ。しかもジョグペースでしたから、「地脚を鍛え直せた」というのにはまだまだ時間がかかる感じがしています。

ので、

今回の大町は、あくまでもトレーニング。一人ではなかなかできない、42kmのペースランニングをすることで、ロング走への耐性を少しでも上げてきたいと思っています。

正に、「次に繋げるレース」が今回の目的とも言えます。

ので、

大町の戦略は次の通りです。

先ず、序盤の下りは流して入り、中盤に向かう長い登りは、脚を使い切らないように注意します。そして、21kmからの下りも流して入り、後半の山場である木崎湖を折り返した後の30km地点~35km地点までの登り坂をしっかり走り切れたら合格だと思っています。

ちなみに、35km過ぎは下り基調なのでここまでくれば、後は何とかなると思っています。

まあ、何はともあれ、仕事の疲労を極力抜いて、スタートラインに立つことが大前提ですから、それができないと、そもそも話にもならないんですけどね。


・・・・・・・



そんなわけで、

レース直前となった、今日の水曜ポイント練習は、先週に引き続き「変化走」でした。2km・3km・10kmをしっかり走り、それ以外は強めの流しで走っています。

ので、



こんな感じの10km走でした。



・・・・・・



さて、


仕事も私生活も、そしてマラソンも、なかなか思うようにいかないことが多く、なかなか自分自身報われない感じがしています。

が、

最近読んだ、元AKB48の高橋みなみさん(著)の「リーダー論」という本にこんな一説がありました。(要約)

「人一倍頑張っているのに全然報われない、そういう時は「(頑張りが)足りない」と思うしかない。けれど、頑張っていることに対しては、(自分で自分を)褒めてあげる。褒めてあげるのも自分。足りないと思うのも自分。」

だということだそうです。

ま、良く聞く話ですし、正論ですよね。

報われない努力は、報われるに足るだけの努力ではないということですから、「もっと頑張らなきゃいけない」って自分でも思います。

その一方で、

著書では、彼女の代名詞でもある「総選挙」でのスピーチの一節でもある、

「“努力は必ず報われる”と、私、高橋みなみは、この人生をもって証明します」

という言葉にも触れていました。

これに対しては、彼女自身「すべての努力が報われるわけではない」ことは承知した上で、あえてここで言いたかったのは「私は努力をやめない」ということだったそうです。

つまりは、「努力をやめない限り、目標に向かって進んでいる途中なんだ」ということなんでしょうね。



さて、

「目標に向かう」ということに関しては、「思うは招く」というタイトルでTEDのスピーチを行った「植松努さん」の映像がYOUTUBEで配信されてます。

「リアル下町ロケット談」としても有名ですし、心が折れそうなときに、この映像と話はぐっとくるものがありました。

ま、この辺は見た方が早いので、ツベのリンクを下に貼りましたので、初見の方はよろしければどうぞ。
 
 



「思うは招く」

「どうせ無理」は、危険な言葉。



私も「努力は必ず報われる」と信じて、思いを強くしていきましょう!



本日のラン 上の通りです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 部下の女性比率が高いので、女性のリーダー論が参考になる
にほんブログ村

拍手[6回]


さて、

久しぶりに3連休となった、10月7日~9日。

来週は、フルマラソンが待ってますから、疲労残りが無いようにイージーランです。


・・・が、


会社で色々なことがありすぎて、疲労感が半端ない!

ので、

イージーハーフジョグでも、倒れそうwww



そもそも、この週末は、暑いよね~


土・日・月の3連休全て、ハーフ・ジョグで済ませたのに、


 

この体たらくぶりw

3日間、同じコースを走って、このボロボロぶりでしたww

ま、

来週のレースに疲労を残さないように、30km以上のロングをお休みしましたので、もうちょっとハイペースでもよかったのですが、この距離&タイムすら限界でしたので、来週は「完走」だけが目標のようですw


・・・・・・・


で、


本日、10月9日





やっぱり、

出雲駅伝ですよね~

結果は、周知のとおり青山の3連覇ならずでしたが、今日は暑さの中で色々なドラマがあった中で、2位に入った青山学院の底力を見せただけで、「流石」といったところでしょう。


そして、勝った東海大は、


お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!



・・・・・・



さて、私は、

目標や目的など、色々と見失っているものがありますが、

「元気」

だけは、見失わないように、遅ればせながら現在娘がハマっていて、私も大好きな、

 

ハイキュー!

で、元気をチャージ中ですwww (←これもう、何度見たことやらw)




本日のラン  上記の通りです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 6日後・・・どうする? どうなる?
にほんブログ村

拍手[8回]


10月4日(水)

毎度おなじみ、水曜ポイント練習日。


ですが・・・


このところ、モチベーションが下がっています。


と、いうのも、


ただでさえ思ったように走れないだけでも歯がゆいというのに、

2年前から、怪我! 怪我! 怪我!

のオンパレードで、痛みからなかなか解放されないからです。


ちなみに、

この2年ほどで怪我した部位だけを数えても、


1.左アキレス腱

2.左大腿骨大転子部

3.右梨状筋

4.右すね

5.左すね


と、

合計ウーハンで、符に関係なく満貫が確定(←なんのこっちゃいw)

さらにちなみに、

短期間でしたが、右足首まで含めれば、跳満ですw(←わかる方だけでOK)



さて、

現在は左すねに痛みを抱えたまま、超繁忙期による疲労も抱え、約10日後に迫ったフルマラソンは、「とりあえず出るだけ」という雰囲気が強く、このところ「ガチ練習」に意欲がわかない今日この頃です。


・・・・・


そんな、モチベの振るわない今日の朝


起床は5時20分


何とかシューズを履いて、外に出られたのが5時50分。


ちなみに今日は、

娘を学校まで送っていく都合上、6時40分までには遅くとも帰宅しなくちゃならない。

つまりは、ジョグったら間に合わない時間でした。

ので、

気分とは裏腹に、止む無く今朝の10kmランには、「ガチ」を織り込むこととなりました。


・・・・・・


で、

そんな気持ちで飛び出した、走り出しの直後。


やはり痛む左すね。


それでも流しのペースで体を温め、すねの痛みを軽減させていきました。



で、

2km~3km目の区間で、きっちりと「ガチ」。
  
その後、流しで心臓を落ち着かせて、
  
8km目と10km目の区間を「ガチ」。
  
都合、4kmのガチを織り込んだので、10kmのトータルタイムは約45分。

なんとか予定の6時40分前には帰宅することができたのでした。


・・・・・・

で、

今日のラン

振り返ると、以下の通りでした。




悪い中でも、手応え(脚応え?)を感じたのは、2kmと3kmの区間。

2週間前に、全く同じ練習をした時と比較してみると、課題に挙げていたストライドが、しっかりと伸びていました。

ちなみに前回は、



上の通り、ピッチを生かして、がむしゃらに走った感じでしたが、今回はストライドが延び、バネを生かした(たいしてないけどw)走りを感じることができました。

ま、逆に、

今回の方が、心拍数が高かったのは、「疲労のせい」ということにしておきましょう。



・・・・・・



さて、

モチベとは裏腹に、それなりにゼーハーしてきた今日のラン。

しかし、

これを継続するには、やはりモチベーションを引き上げる必要があります。

そして、

その為に必要なのは、当然

「明確な目的」

と、なります。


いつまでに(期日)

何を達成したいのか(数値目標含め具体的に)


これをまずは考えたいと思います。


ちなみに「目標」は、現在より半歩先のあとちょっとで手が届く「実現可能なもの」を設定しないと、目標は「夢」で終わってしまいます。

ちなみに、「サブスリー返り咲き」は、今より1歩も2歩も先の「夢」のようですので、先ずは「半歩先」の立ち位置を明確に考えてみることにいたしましょう。




本日のラン  上の通りです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ てか、今の立ち位置を見失っていないか?
にほんブログ村

拍手[7回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 10 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS