忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、

本日は「第4回信州駒ケ根ハーフマラン」当日となりました。



シンスプリントの影響で、7月・8月を棒に振り、脚の痛みが取れて走れるようになったのは、9月6日と僅かレースの19日前。


そこからも四苦八苦がありましたが、何とか今日の日を迎えられました。


ので、


今日は、そんな激闘のレースを振り返ってみようと思います。



それでは・・・・

って、ご存知の方も多いと思いますが、



超・長文ですよww



御覚悟をw・・・・



・・・・・・・・・・・・・・



2016年9月25日(日)


・・・・から、


さかのぼること3ヵ月前。

練習中に突如襲われた、右すねの痛み。


そう、


ランナー病の代名詞ともいえる「シンスプリント」でした。



発症の理由は多岐に渡り、難治性で、完治には、すこぶる手こずる難病です。

ですので私も例にもれず、

ランオフして、痛み無く走れるようになるには、2カ月以上の休養を要してしまいました。


おかげで、

今年の夏ランは、全くと言っていいほど走れませんでした。


ので、


心肺機能・脚筋力・持久力


と、

ランナーにとって必要なすべての機能をこの夏の間に失ってしまいました。




幸い、例年通り夏場のレースは一切エントリーしていなかったので、その間のレースには影響がなかったものの、気が付くと季節は初秋になり・・・・


とうとう、


秋のマラソン戦線第1弾のハーフ直前になってしましました。


幸い、レース2週間前から、ちょこちょこ走れるようになり、何度か脚が止まるものの、2時間ほどで21kmを走れるようになったので、9月25日の大会には、


「行ってみるか・・・」


という、気持ちだけは持てるようになりました。



・・・・・・・・




そんな、9月25日当日。


AM3時00分


起床!


で、

3時45分に自宅を出発!

一路、駒ヶ根市を目指しました。


同じ長野県内の会場ながら、無駄にでかい長野県なので、自宅から会場までは、約2時間。

なので、

途中で朝食を買い、到着予定はAM6時を目指しました。


・・・・・・・・・


さて、

予定通り6時に大会駐車場につき、購入した朝食を頂きます。


ちなみに本日の朝食は、こんな感じ





鹿児島産黒豚を使った、特選肉まんと、おにぎりが二つ、そしてエナジードリンクです。

やっぱり、

レースの朝ですから、炭水化物中心の長距離メニューですねw


ちなみに、エナジードリンクは、





単に、デザインに負けました(笑)





・・・・・・・




さて、


駐車場で「栄養」も「痛いネタw」も仕込んだところで、



シャトルバスで、いざ会場入り!


して、


会場内を散策・・・・

すると、




メインステージに・・・


じゃなくて、




「はり」の体験場を発見!

そう、

実は私、

数日前から、すねの痛みがまた再発してまして、今日のレースに不安がありました。

ので、

「お願いしま~す!」

と、すぐに申込み。


・・・・・で、


問診票に、「シンスプリント」と」書き込み、いざ受診・・・


鍼灸師さんに、事情を説明し、脚を触診してもらうと、


(先生)うーん、この辺りが気になるね~


と、しこりのある部位を指摘されます。


(先生)どうする?はり打つと脚の緊張は取れるけど、脚のパフォーマンスが落ちちゃうよ

(私)まだ、復帰間もないので、パフォーマンスより、痛みの除去でお願いします。


・・・・ってことで、


はり打ってもらいました。(←流石に診療中に写真はムリw)


・・・で、


(先生)はりでは無いけど、ツボを押すテープも貼っておくから、これで走ってみてね。


と、いうことで、



イボみたいなシールを張ってもらいました。(←こらっ!、そこっ! 汚いすね毛って、言わないww)

ちなみに、右脚に2か所。腰に2カ所張ってもらい、急場対策は完了しました。



ので、



スタートまで、爆睡・・・Zzzz



して、


いざスタートです。



・・・・・・・・・・・



AM 9時


スターターの、「オン・ユア・マーク」の宣誓の直後、

「バンッ!」

と、号砲一発スタートです。



・・・・・・・・・・・


さて、今日の作戦は、

「怪我の復帰第一戦、しかもロクに練習できていない状況」

これを踏まえて、

「序盤は抑えて、とにかく『歩かず完走』を目指す!」

というものでした。


ので、


スタート位置も、いつもより後方で、スタート直後も混雑に身を任せて、ゆっくり走り出しました。


ので、


オープニングラップは、緩やかな下りだというのに、


「1km 4分41秒 Σ(゚Д゚)!」


まあ、タイムよりも「歩かず完走」が目標ですから、これでOKでしょう。



・・・・・・・・・・



さて、今日のコースを見てみましょう。





前半下って、後半登る。


そういうコースだと思っていました。


が、


前半から細かいアップダウンが盛りだくさん!



なので、

序盤から遅めのペースなのに、ゼェーハァーですw


・・・・や・・・ヤバイ・・・


歩いちゃいそう(笑)


です。


・・・が、


遅いペースのおかげで、何とか踏ん張れました。



さて、


死にそうな思いで、8kmを通過すると、この大会名物の「アップダンヒルトライアル区間」が見えてきました。

これは何かというと、コースのほぼ中間地点に「すんごいきつい登り」と「すんごい下り坂」がある、「約2kmの区間」を「どれだけ早く走れるか」を競うポイントです。

ですから、総合タイムとは関係ないので、「手前でしっかり休んでおいて、この区間だけ爆走」して、「タイムが良ければ表彰される」。

そんなポイントになります。


が、


既に死にそうな体の私は、この区間もボロボロで爆走ww


して、


何とか中間地点を通過しました。



・・・・・・・・



さて、

このコースは、細かいアップダウンの連続で、「登りか下りしかないコース」だと思っていましたが、



10.5km~14kmまでの川沿いの青い線の区間(見えるかなW)が、唯一の平たん路でした。


ので、


「とにかく、リズムを作る」


という、一心で走り続けました。


「どうせ最後は、上り坂」


そんな思いもあったので、とにかくすこしでも力を温存できるように「うまく走る」ことだけを考えて走りました。



・・・・・・・・・・・・



14km通過後


ちょっとした折り返しポイントを過ぎると、そこからは予想通りのアップダウンを繰り返しながらの、登り基調のコース。


もう、余力が無くなりつつあり、歩かないためにもペースを落とし、歩幅を落とし、でも、ピッチは落とさないように工夫しながら駆けていきました。


・・・・・・・・


16km通過


「後、5km」


ここまでくると、

「意地でも歩かない」

という思いと、

「もう歩きたい」

という思いが、交錯するようになりました。


ちなみに頭の中には、

「コース図では、ラスト3kmは登りだったよなぁ」

という事だけ。


なので、


「早く歩いて楽になりたい」


そんな思いだけが、巡っていました。


・・・・・・・


18km通過


ラスト3km


ここまでくると、「意地でも走り切ろう」という思いの方が、強くなりました。

幸い、コース図とは裏腹に、思ったほどの坂がないことが、気持ちを楽にさせてくれました。



ラスト2km


徐々に市街地に入っていき、もう坂と呼べるような坂がないことを確信。


でも、

ヨタヨタの走りw

でも・・・・、




最後は、


「歩かずに帰還ができた!」


これだけが今日、「唯一のランナーとしての矜持」をもってゴールができました。



・・・・・・・・・



ということで、なんとか苦しいながらも「完走」はできました。

ちなみに、

「歩かず完走」

とは、

なんとも当たり前の目標ですが、およそ10ヵ月ぶりに達成できました。

そう、

昨年の11月のハーフ以来の「歩かず、完走」です。




思えば、今年は年初から怪我続きで、まともなレースはありませんでした。



ちなみに、今日のシューズは、このところの秋雨のせいで一度も試走せずに履いた、ジョギングシューズの「ゲル・アンフィ二」です。


レースシューズとは違いますが、今日の脚を最後まで持たせてくれたよき相棒です。


おかげで結果は、



1時間34分49秒でゴールできました。


コースがハードなだけに「1時間45分切れたら御の字」と思ってたところですから、今の自分としては上出来です。

ちなみに、各ラップは次の通り、



本当に久しぶりに「頑張った」と「自分を自分で褒めてあげられるレース」ができました。



・・・・・・・・・



さて、

私はアマチュアランナーなので、

「自分自身が納得がいくレース」

というのが、走る上での一番重要なテーマになっています。


ですから、

自分自身の「ベストレース」は、「自己ベストタイムのレース」ではありません。


ちなみに今日は、90分すら切れていないレースですが、「くじけそうになる弱い自分」を何とか封じ込めて走り切ることができたレースでした。

そんな意味では、

「納得のいくレース」

だったと理解しています。



ちなみに今日の走りでは、到底来月のフルマラソンは、完走すら危うい状況であることも理解しています。


ただ、


その次は、


来年は、


もっと、もっと、先の未来は!


そんな野心だけは、心の奥底で燃えていることが確信できたので、もうちょっと「自分の限界とは何か」を探しに行ってみようと思います。




本日のラン  駒ヶ根ハーフマラソン 1時間34分49秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 怪我しても、やっぱりマラソンが辞められません。
にほんブログ村

拍手[13回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
復活ですね
ナイスレースでした!

タイム的には不本意かもしれませんが、十分以上の走りではないでしょうか。

レース前の針灸が効きましたか。

復活の手ごたえをつかまれたのではないでしょうか。

まずは、おめでとうございます。
ヨッシー URL 2016/09/27(Tue)11:32:04 編集
Re:復活ですね
ヨッシーさん、ありがとうございます。

「完全復活!」には、程遠い状況ですが、「とりあえず長距離の世界に戻ってきた」という手ごたえだけは感じることができたような状況です。

タイム的には、昨年同時期と比べると、ハーフ94分台は普通に練習で走っていたタイムですから、レースなら90分を切り、更に82分台くらいに押し上げないと、復活とは呼べないんでしょうね。

先日、ヨッシーさんが再びウルトラランナーとして復帰されたことも励みの一つになりましたので、本当に感謝しています。

先ずは怪我をしにくい体作りとダイエットから始めようと思いますw
【2016/09/27 15:34】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS