忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



さて、今週はレースウィークなので、疲労抜きがメインの為、ロクなトレーニングはしていません。

ので、

久しぶりに読書ネタです。

今回読んだのは、長野県が生んだ名経営者「セブン&アイ・ホールディングス」会長の「鈴木敏文」さんの明言を集めた『鈴木敏文「逆転発想」の言葉95 ~なぜセブンイレブンだけが強いのか』です。




鈴木敏文さんの発信する言葉は、とても理解しやすく大変気に入っています。もちろん出身地が同じ長野県であることも共感を呼ぶのでしょうが、一番に「現代の消費は経営学ではなく、心理学で考えなければならない。」と言う理念も心理学部出身の私の心にグサッときます。


さて、いくつか言葉をいつも通りの「読書メモ」から抜粋してみましょう。




先ずは、鈴木さんと言えば必ず出てくる「顧客の立場で考える」です。

これは「顧客の為に」ではなく「顧客の立場で」と言う思考ですね。この二つは似た言葉ですが、似て非なるものです。つまり、「顧客の為」と考えるときは、売り手側の思い込みで「顧客はこういうものを求めている」と決めつけている場合が多いとおっしゃっています。

その一方で、「顧客の立場」に立てば、顧客心理が見えてきて、顧客のニーズも見えてくると言うわけですね。


さて次は、

・「自分たちはプロである」と思い込んでいる人が何より問題なのは「過去に成功をもたらした方法が正しい」と思い込むこと。しかも、それを裏付ける情報ばかりを見つけようとすることだ。

これは、マラソントレーニングにも通じますね。

上手くいっているときは、「この練習方法が自分にとって合っている(正しい)」と思い込んで、同じことだけの繰り返し。

これでは、進歩も何もないですね。


続いて、

・人は不都合な結果が起こると「〇〇のせいだ」と原因を外に転嫁して、自分が納得しやすい理由を作ろうとする。

これも、マラソンにも通じますね~

失敗レースがあった時に、「靴が合わなかったからだ」とか、「雨が降っていたからだ」とか、つい言っちゃいますもんね。

でも、そもそも体一つ、自分の脚だけで走るスポーツなんだから、一番の原因は「自分にある」って考えないとダメですね。

レースに向けてのトレーニングはどうだったのか?

直前のコンディショニングは?

ペース配分・・・・

内なる課題に目を向け、次にカイゼンする。

こういうことですね。


次は、

・自分を守ろうとする「できない」と言う思いを、自己啓発を志向する自分自身で払拭する。挑戦とはその葛藤の繰り返しである。

これは、言うまでもないですね。

「できない」と言う思いを払拭しない限り、挑戦はあり得ませんもんね。


続いて

・オリンピックの選手を育てるとき、コーチは選手をとことん追いつめるという。「安易に妥協しないことで新しいことに挑戦しないとダメだ」と気づかせ、打開策を自分で考えさせて、殻を破らせるのだ。


これも、そのまんまですね(笑)



では最後に、

・幸運は挑戦して努力するものに訪れる。成功した人はよく「運が良かった」と言います。でもそれは、運が良かったというより「幸運を呼ぶ行動をしていた」と言う事。


これは、身に染みました。

マラソンは、運や偶然でよいタイムが出るスポーツでは、ありません。

日々の努力

日々の積み重ね

そういったものが「幸運を呼ぶ行動」として繋がり、「幸運な結果をもたらす」と言うことなんでしょう。

使い古された言葉ですが、アテネオリンピックで金メダルを取った野口みずきさんの「走った距離は裏切らない」とか、高橋尚子さんがレース前に言った「いままでに、いったいどれだけ走ったか。残すはたった42キロ。」や「人以上やって人並み。人の倍以上やってようやく・・・」なんて言葉にも通じますね。


京セラの稲盛和夫さんや今回のセブンの鈴木さんの著書は何度か読みましたが、これらは経営哲学から生まれた言葉でありながら根底にあるのは「人生訓」であり、生活はもちろん、マラソンにも効くんだな~と、今更ながら感じてみました。



本日のラン  10.26km 1時間06分22秒(調整:スロージョグ)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 高橋尚子さんの「ちょっとだけ頑張ることを毎日続けよう」もね
にほんブログ村

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは
私の先生は、足裏研究員の鈴木きよみ先生です。

鈴木きよみ先生の考え方は、足から健康へです。

管理人様、サロンアンピールを調べてみてください。

それと、管理人様の記事を、私のヤフーブログをのせてよろしいでしょうか?。
足型研究員 URL 2015/10/17(Sat)08:13:59 編集
Re:こんにちは
>管理人様、サロンアンピールを調べてみてください。
>
明日はレースなんで、レース後に改めて調べてみますね。
どんな方なんでしょう?
楽しみです。


>それと、管理人様の記事を、私のヤフーブログをのせてよろしいでしょうか?。

構わないですよ。
あまり多くは気恥かしいですが、ところどころはお使いください。
【2015/10/17 16:51】
akikoさんへ
拍手コメントありがとうござます。

本当に走るのが気持ちい季節になりましたね。

今度は、コメント欄への投稿もお待ちしております。
<m(__)m>
ブログ管理者 2015/10/18(Sun)15:45:19 編集
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS