忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新CM
[07/21 りょうま]
[07/19 ヨッシー]
[07/14 りょうま]
[07/11 りょうま]
[07/07 りょうま]
最新TB
PVアクセスランキング

長野マラソンが終わって1日が過ぎました。

感慨深い大会だったためか、日曜の夜は、体中がボロボロで、本当に疲れているはずなのに、夜中に何度も目が覚めて、その度に色々なことを考えました。



・・・・・・・・・・



さて、

大会当日の記事にも書いた通り、レース前までは、

「長野の結果でガチレースは引退しよう」

そう思っていました。
 

ですので、レースの結果を踏まえれば、あの日のブログの最後の下りは


「みなさんこれまでありがとうございました。ガチランは卒業します。さようなら」


そうなるはずでした。



なぜそう思っていたのかというと、

私は、怪我の復帰からこれまでの間、自分なりに頑張ってきたという思いがありました。

にもかかわらず、レースで目標に届かなかった場合には、きっとゴールの後に

「俺は6年間のガチレースをやり切ったんだ」

という満足感に満たされるだろう、そう思っていたからです。

それはまさに、さしずめ先日引退を発表をした浅田真央さんが今年の全日本フィギアの演技の後に感じたような「悔いのない、やりきったという清々しい想い」が、きっと自分にも訪れるのだろう、そう考えていたからに他なりませんでした。

だからこそ、26km地点で呼吸不全で苦しくなっても、リタイヤせずに絶対にゴールだけはしようと思ったのは、どんな形であれゴールの先にはきっと満ち足りた景色が待っていて、躊躇する余地すらない決断が下せるものだと考えていたからでした。


しかし、


実際ゴールした後に見えた景色や心に浮かんだ想い等を改めて振り返ると、それらは想像していたものとは全く違うものがありました。

つまり、満足感なんてみじんも感じず、むしろ「こんなはずじゃない」という憤りや足りなかった練習への後悔、そしてレース前1週間の調整方法から、果てはシューズの選択肢に至るまで、どれをとっても、「まだやりようがあった」と思うところが多く、とてもじゃないけど「ガチレースはやり切ったから、後はファンランナーに転向します。」なんて、宣誓できる気分ではなかったのが本音でした。


加えて更に辞められないと思ったのは、周りのランナーの存在でした。

そう、みんな頑張ってるんですよ。

順風満帆ばかりではないというのが世の常で、みんなも色々な境遇にあります。にもかかわらず、決して言い訳せず、その環境の中で「一生懸命に頑張っているんだ」という話を伺うと、とてもじゃないけど私だけ

「や~めた!」

なんて言う気分になんてなれなかったんです。


とどのつまり、

私は「トコトン」までやっていないくせに、「トコトン」までやった人と同じ境地に立とうという発想だったことが、恥ずかしくも浅ましい考えでした。

そして、「やりきった」と思える自分がいないのであれば、やはり再度リトライを決意すべきだと考え、ガチレースを辞めることができなかったというわけです。
 


・・・・・・・・・・・・


 さて、

「諦めない限りにおいて未だ負けではない」

というのはよく聞くフレーズですが、私にとって正に今はその境地です。

で、

それと同様に昨日は「竹原ピストル」さんの「オールドルーキー」の歌詞も同時に思い起こさずにはいられませんでした。
 
ちなみに、どんな歌詞かというと、


「何度でも立ち止まって、 また何度でも走り始めればいい、 必要なのは走り続けることじゃない、 走り始め続けることだ♪」


というものです。

そう、今回も一度立ち止まったけど、又、走り始めればいいんだっていうこと。

そしてこの歌詞にはこんなフレーズもあります。


「積み上げてきたもので勝負しても勝てねえよ。 積み上げてきたものと勝負しねえと勝てねえよ。」


と、

そう、私はまさに今回、サブスリーに対し「怪我の復帰からこれまでに積み上げてきたもの」で勝負し、そして負けました。

そもそもマラソンとは自分との戦い。

つまりは、これまで積み上げてきたものを十二分に発揮すればよいわけで、正に「積み上げてきたもの」と闘うべきものでした。

ですので、改めて考えてみても、今回は戦うべき相手を間違えていたのかもしれません。

本来サブスリーを狙うなら、サブスリーに見合ったものを積み上げてきて、そして本番では積み上げたものと闘うべきでした。

ちなみにこれが、竹原ピストルさんの「オールドルーキー」です。



 
 
 
 
さて、
 
改めてですが、今回の長野では、闘うべき相手を間違え、そして自分自身に負けたました。

そして、今の私は「まだまだ目指す場所に対して道半ばだった」という事もわかりました。

ですから、目指す場所にもう一度たどり着こうと思ったら、「もう一度、走り始め続ける」しか無いこともわかりました。



そう、何度立ち止まっても、何度歩いても、何度でも又走り始め続けること。
 

そして、走り始めたら目的をしっかりと見定めること。



そんな、当たり前の事ばかりでしたが、

昨日はランをお休みしたので、自分なりにいろいろ考えた一日でした。



・・・・・・・・



さあ、

昨日はちょっとだけ立ち止まってみましたので、また今日から走り始め続けたいと思います。





手にするメダルが、更に輝きを増すように・・・・・




本日のラン  10.32km 55分32秒

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 懸命にやることが「楽しい」のだと、思い出しました。
にほんブログ村

拍手[19回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Forever Young
長野マラソン、そして怪我に苦しみながらも
たくさんのレースに出られた昨シーズン、大変お疲れさまでした。

RX-93さんほどのポテンシャル、精神力、そして若さがあれば
万全の状態になれば、まだまだPB更新出来ると思いますので
これからも気力・体力が続く限り、諦めずに走り続けてください。
走りたくても走れなくなる日が、必ず訪れるのですから・・・

自分もサブスリーに41秒およばず苦汁をなめた去年の東京以来、
リベンジを期して練習に取り組んできましたが、
まったく歯が立たずに跳ね飛ばされた昨シーズンでした。

今シーズンことは!と勇んでレペをやった翌日に傷めていた
足底筋膜炎が悪化してしまい、いまは歩くのもままならない状態です。
けど走ることも歩くことも出来なくてもロードバイクは漕げるので、
怪我が治るまではロードバイクで心肺と脚筋力を鍛える所存です。
今年52歳になりますが、まだまだサブスリーの夢を諦めませんよ!

竹原ピストル、いいっすよね!
先月、国技館で彼の弾き語りを観て感動しました。
『Forever Young』という曲にこんな歌詞があります。

~満ち満ちた若葉はいつだって 色褪せた枯葉の上に開くのさ
 Forever Young あの頃の君にあって
 Forever Young いまの君にないものなんてないさ~

辞める理由はいくつだって思い付きますが、辞めない理由を探して
駆け抜けて行きましょう!
PB更新して歓喜のゴールを迎えられる日を
こころより祈念しております!
2017/04/18(Tue)17:00:41 編集
Re:Forever Young
葱さん、いろいろなメッセージ、本当にありがとうございました。

年長者の方から声援を頂戴すると、やっぱり「もっと頑張らないと!」という意識にさせていただけます。

更に、記事にも書かせていただきましたが、本当に皆さんの取り組みのお話を聞くと、「自分ももっとできるはず」と奮起せずにはいられません。

葱さんは、レペで悪化した足底筋膜炎は、本当にお大事にしてください。私は軽度の足底筋膜炎しか経験がありませんので、歩くのもままならないほどと伺うと、どれほどのものか想像もつきませんが、早く良くなることを心より祈念申し上げます。

それにしても、竹原ピストルに共感いただける方がいらっしゃってうれしかったです。やっぱり、いいですよね~メッセージ性が強いので、今の自分に響く歌詞がたくさん入っている感じがします。

>~満ち満ちた若葉はいつだって 色褪せた枯葉の上に開くのさ
> Forever Young あの頃の君にあって
> Forever Young いまの君にないものなんてないさ~

今はちょっと「枯葉」のような状態ですが、いつか若葉で満たしたいですね。

そして、Forever Youngの歌詞に自分なりの付け足しをすると、


Forever Young あの頃の君にないが、今の君にあるものがある


って感じですw
若いころになかったものが、年齢を重ねることで手に入れたものもあると思っています。

そして、それが自分のマラソンのプラス材料だと思ってもいます。

私も葱さんに負けず、サブスリーへ再挑戦です!

改めて、本当にありがとうございました。
【2017/04/19 11:51】
オールドルーキー
恥ずかしながら
竹原ピストルさんって全く知りませんでした。
自分より若い人の曲にも
耳を傾けないといけませんね(^^;

40代は若い自分と決別する時期だと
勝手に思っていた私は
早々にあきらめの境地に達してしまったので
RX-93さんの諦めない若さに、ただ脱帽です。

そう言えば聞いてる曲なんかも
圧倒的に私の方が老けてますね(^^;

陸上は個人競技ですが
一人では出来ないものです。
これだけたくさんの仲間がいれば
何度も何度も
『走り続けはじめる』ことができそうですね(^^)

昨日からのコメント欄を見て
RX-93さんの人気をあらためて感じています。
みんなもっとコメント欄に出て来てくれないと
私のコメントが恥ずかしくなります(^^;
りょうま URL 2017/04/19(Wed)01:43:37 編集
Re:オールドルーキー
いえ、いえ、りょうまさん、御認識がないだけで「竹原ピストル」の歌って、知ってると思いますよ。

有名どころは、「住友生命(だったかな?)」のCMソングで、

よぅ、そこの若いの(わけぇーの)♪  俺の話を聞いてくれぇ♪

ってやつ(YOUTUBEで「よーそこの若いの」でチェック!)は、耳にしたことがあると思いますよ。

.さて、陸上競技は個人競技ですが、周りにいる仲間の皆さんのおかげで頑張れているのは間違いないことだと思っています。

そういう意味では、私は本当に幸せ者で、りょうまさんを始め、コメントの数だけ勇気とパワーをもらっています。

これで、サブスリーに到達できないのは、すべて自分の責任。

もちょっと、頑張らないと・・・ですね(^^♪
【2017/04/19 12:01】
ボウズ君 さんへ
拍手コメントありがとうございます。

更に、内容に共感いただき恐縮です。

引き続きよろしくお願いいたします(^^♪
ブログ管理者 2017/04/19(Wed)11:34:35 編集
ぼんさんへ
拍手コメントありがとうございました。

ぼんさんが事故で1年も大会に出られていないことを考えると、私の境遇なら、もっと頑張らないといけませんね。

ぼんさんの、早い復帰を心からご祈念申し上げます。
ブログ管理者 2017/04/19(Wed)15:30:48 編集
無題
あ、やっぱガチランに決めますよね?二分くらい前に前の記事にコメントしてこれ読んだから、空気読めてない感じになってるかも(通常運転)

で、さらに空気読めないコメント残していいですか?
「戦い続ける限りは、まだ負けてない」って言った直後に巨人に握り潰されたミケザカリアス。
気持ちも大事だけど、状況把握間違えるととんでもないことになるので、まずは態勢を整えて下さい。呼吸困難とか怖すぎます。

進撃の2期アニメも面白いです!(通常運転)
みち 2017/04/21(Fri)13:12:53 編集
Re:無題
進撃の2期はじまりましたね~

もちろん毎週ブルーレイ録画されるよう、予約設定してますw

が、

東京は4月1日の土曜から始まったのに、長野県は約1週間遅れの4月7日から毎週金曜深夜25:55〜から放送(25:55分て、もう金曜じゃないw)

なので、ネットの見逃し配信を先に見て、ブルーレイで最視聴の日々ですw

別マガで最新話まで把握していると、2期第1話でミケの悲鳴を聞いて、「懐かし~」と感じたのは私だけではないはずw

ちなみに、私の教育が良かったのか、娘は立派な別マガファンに成長しましたw
ので、毎月私の買ってくる別マガを、毎月楽しみにしています。(←困ったもんだw)
【2017/04/21 17:39】
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 6 7 8
10 11 12 14 15
16 18 19 21 22
24 25 27 28 29
30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS