忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新CM
[09/13 ヨッシー]
[09/05 りょうま]
[09/01 りょうま]
[08/30 ヨッシー]
[08/21 ヨッシー]
最新TB
PVアクセスランキング

今日は、私にとって色々意味のある「長野マラソン」当日を迎えました。

ちなみに前回記事にも書いた通り、昨年の年初からの怪我により、2016年は色々と考えることの多かった一年。

でしたが、

秋からはようやく走れるようになり、トレーニングも重ね、なんとか今日の日を迎えることができました。

が、

だからこそ、

今日の結果如何で、ある一つの決断をしようと考えていたことも事実です。


それは、

自分自身へのケジメを付ける意味でも大事なことと考えていました。




「納得のいく結果が出なければ、レースは辞めよう」



そういう事です。


走ることは好きですから続けていきますが、もう「サブスリーランナー」と呼べない状況で、

「ガチランも潮時ではないか?」

そう考えていました。



・・・・・・・・・・・・・・・


4月16日(日)




スタート地点である「長野運動公園」にシャトルバスで到着。

準備を整え、スタートラインに向かおうとすると、

1万人以上のランナーがいて、普段では絶対に仲間と遭遇することがないというのに、今日の私の覚悟を察してか、この日ばかりはブロ友さん・ラン友さんが大集結です。

最初に「いけたかさん」と会い、話しながらスタートゲートへ移動していくと、「カイトさん」や「I田さん」や「おじ3さん」などとお会いすることができ、スタート前の緊張をほぐしていただくことができました。

やはり、今日はただならぬ雰囲気を感じずにはいられません。

で、

皆さんと歓談の後、各自のスタートゲートへ移動し、

いよいよ、長野マラソンのスタートの時を待ちました。



・・・・・・・・


スタート15分前


ゲストランナーの紹介など、一応のセレモニーの後、


スタート1分前


スタート10秒前


「オン・ユア・マーク」


・・・・・


バンッ!



AM8:30

定刻通り、長野マラソンがスタートしました。



スタート直後は、毎年の事ながら大混雑の中を走るので、ペースはゆっくりで「ウォーミングアップ」を兼ねたランになります。


しかし、3kmほど行くと隊列もばらけ始め、徐々に自分のペースで走って行くこととなりました。


・・・・・・


うん、


悪くない・・・・


ペースもつかめ、シューズの応答も良く、リズムよく進んでいきました。



・・・・・・


10km通過


えっ!?


もう10km?


そう思えるほど調子が良く、ここで「サブ3のペースランナー」を抜き去り、自分のペースで進んでいきました。


・・・・・・・・・



12km地点


・・・・・・アレ?


左足が変だ?


なんだか、足の親指の爪が剥げたような嫌な感触がしています。


が、


「痛みだけで、指がモゲるわけじゃないし、気にせず走って行こう。」


そう考えていました。




・・・・・・・・



16km地点  「エムウェーブ」


この辺りから、足だけでなく心肺機能にも異常が出始めました。


・・・・・


く・・・・


苦しい・・・・・・



・・・・・・・・



息を吸う


ズズゥー


息を吐く


ブハァー! ブハァー!


息を吸う


ズズゥー・・・・・


そう、

息がうまく吸えなくなってきたのです。

いつも通り吸ってるはずが普段の半分くらいしか酸素が吸えず、吐く息ばかりが激しい「過呼吸」のような症状が出始め、遂には酸欠で目の前が

ぼーっっと

してきました。


・・・・・・・・・・



と・・・トリアエズ、

コノ1キロは、ステテ・・・イキヲトトノエヨウ・・・


そう思って、ペースを一気に落とし、様子を見ました。



・・・・・・



今日の目標は、サブ3はもちろんのことですが、

「自分が納得のいくレースができること」

が、目標でした。

ので、

一度や2度のブレストタイムがあっても構わないので、とにかく最後まで走り切ろう。

そう思っていました。



・・・・・・・・・



26km通過


ちょっとした上り坂で・・・、


完全に・・・、


息ができなくなりました・・・・



・・・・


遂に脚が止まり


酸素を吸おうと息をするのが精一杯


救護係の方が、

「大丈夫ですか?」

と声をかけてもらっても、

「ちょ・・・っと・・・息が・・・」

と答えるのが、精一杯。


・・・・・


すると、


「ゆっくり、息をしてくださいね」


と、


見知らぬ女性が私の背中をさすりながら、声をかけてくれました。


汗だくの汚いランシャツ


でも、

一生懸命介抱してくれた上に、

「これも、よかったら」


と、


「経口補水液」

も渡してくれました。


本当にうれしくて、

有難くて、

でも、

情けなくて、



・・・・


言葉に詰まりながら、

「ありがとうございます、これ、いただきます・・・」


そう言って、走りはじめました。



・・・・・・・


残り16km


本当にヤバい状況で、2~300m毎に脚が止まり、

息ができず、

酸素をかき集めて、

また走る。


これの連続でした。


気温は23度と暑いのに、汗は全く出てこない

でも、

体はカラカラ


・・・・・・・


救護テントで、酸素マスクを借りようとするも、

「すいません・・・無いんです・・・」

の返事に

ヨロヨロとランを再開。


・・・・・・


「ラストランってこんなにきついんだな」


・・・・・・


30km通過


アト12キロ・・・


35km通過


歩くのさえキツイ・・・・





・・・・・・・・



デモ


ゴールはしよう・・・・・・



・・・・・・・・・


ヤバイ匂いをかぎ取ったのか、自転車でコース上を走る救護班のかたが、何度も何度も私に声掛けをしてくれました。

その都度、

「もうちょっとなんで、頑張ってみます」

と、返事をして、その場をやり過ごし、ヨロヨロと歩くようなスピードで走って行きました。


・・・・・・・・


そして、






・・・・・・

ああ・・・・・

終わった・・・・・・


・・・・・・・


自己ワーストでガチレース引退


これも有りかな?

ブログ・・・・

どうしよう?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・




ヨロヨロでゴールした後、荷物を取りに歩いていると、朝出会うことの無かった別のラン友さんとも遭遇しました。


(私)「今日はどうでしたか?」

(友)「いやー、きつかったけど、ギリギリサブ3でした」

(私)「そうですか、やっぱり地力がありますね」


と、精一杯のやり取り

彼はこの後、5月のハーフマラソンの後、「富士山山頂コース」にチャレンジするとのこと。

(友)「これが完走できれば『グランドスラム』です」

と言っていました。

ちなみに「グランドスラム」とは、「フルマラソンでサブ3」+「ウルトラマラソンでサブ10」+「富士山山頂コース制覇」を指します。


・・・・・

くっそ、

スゲーなー


・・・・・・・

で、

(友)「次又どこかで会いましょう」

そういって、握手で別れました。


・・・・・・・・


その後・・・、



レース前に会っていた「いけたさん」とも合流。


で、

いろいろ話をしている内に、

今日のレースの反省と、きつかった道中を吐露しました。


で、


(私)「もう、ガチレースは辞めようと思うんだけど」


と、

うっかり今日の結果での今後のことを打ち明けてしまうと、いけたかさんは、

「僕、ファンランてダメなんですよ、どうしたらいいかわからなくて」

っていいました。

実は私もそうで、マラソンて「ガチ」だから面白いわけで、「ファンラン」って上手にできないタイプなんです。


・・・・・・・・・


そんな会話をしつつ・・・


その後も、いけたかさんと話しをしていても、途中で具合の悪さがぶり返したりしながらで、うまく会話ができたか不安でしたが、

お互いに来月は、

「野辺山100kmウルトラ」

が待っているので、とりあえず来月の再会を約束して、今日は握手で別れたのでした。


・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


うん、

みんなすごいな・・・・


いけたかさんは、仕事が多忙にもかかわらず、またサブ3に向けてトレーニングを再開するそうです。

更に、いけたかさんは、この夏に富士山山頂コースにトライします。


そして、

先ほどあった「グランドスラム」を目指す友もいます。

ここで彼が言った

「またどこかで会いましょう」

これは、ファンランナーとして会おうと言ったわけではないと理解しています。

だとすると、

私自身がこの刺激に応えたい。


だから・・・


やっぱり・・・・・


止められないな・・・・・




俺はガチのマラソンが大好きだ~!!



・・・・・・・・


最後にこれがわかっただけでも収穫の1日でした。



・・・・・・・・・



今日出会った皆さん、本当にありがとう・・・・



・・・・・・・・



2017年4月16日


本当にいろいろな経験をさせて頂きました。



赤ちゃんをおんぶしながら見知らぬ背中をさすってくれた、「優しいママ」。

沿道から「大丈夫? 頑張って!」と声援をかけてくれた「多くの方々」。

更に、心配して自転車で並走してくれた「救護班の方々」。

そして何より、ブログを通じて声援を下さる「多くの皆さま」。



本当にありがとうございました。




どこまで行くかわかりませんし、これ以上はないかもしれませんが、もうちょっと頑張ってみたいと思います。


来月は野辺山。



今日親指が死にましたが、来月までに何とかしてみせます。






本日のラン フルマラソン ワースト更新

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 今日もくだらない長文にお付き合いいただき有難う御座いました。
にほんブログ村

拍手[37回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
奥が深いです
本当にお疲れ様でした

スタート前にお会いできるとは思っていませんでした。
他の大会では何度もお会いできていたのに
長野では初めてでしたよね!!

ガチのレースも
ファンランも

どっちも有りです!
自分の気持ち次第だと思っています
今回の自分は
前半はファンラン(気を抜いたわけでは無い)
後半はガチランしました

というのも後半はペースが落ちるばっかり
関門を気にしながらのランです
最終関門41.1km地点
3秒前通過!
これってマジでやばかったんですけど
後半ガチで走った結果です
ガチのおかげで神様が3秒くれました

いろいろなランがあって良いと思います
楽しんだ者勝ちですよね(^_^)

「野辺山」
目一杯楽しんでください
カイト 2017/04/16(Sun)18:41:22 編集
Re:奥が深いです
カイトさんも、長野マラソンお疲れ様でした。

1万人近いランナーが集う中、あんなに簡単に皆さんにお会いできるなんて、本当にあの日は「なにかある」と予感せずにはいられない朝でした。

カイトさんのおっしゃった「ガチのおかげで神様が3秒くれた」は、本当に心に響く言葉でした。
これまでも、諦めずに頑張ったことで、神様がほほ笑んだことは数知れずだと思い起こします。現におととしの長野では、自己ベストを更新する「7秒」を神様がプレゼントしてくれました。

今後も、諦めないで頑張れば、きっと数秒、神様がプレゼントしてくれることがあるかもしれません。

「楽しむ」ことも大事ですが、「ガチだから楽しい」ということもあるわけで、もう少し今のスタンスを続けたいと思います。
【2017/04/17 11:05】
本当にお疲れ様でした。
具合悪そうだったので無事帰れた様で安心しました。お話を聞きましたが、壮絶でしたね。

普段には無いRXさんの表情と言葉を聞いて、本当に辞めちゃうんじゃないかと気になっていました。

カイトさんが仰る通り、我々市民ランナーは楽しんだ者が勝ちだと思います。
ただ、私にとって楽しみはやっぱり「ガチ」なんだと思います。

「ガチ」で出来るのはお互いあと何年も無いと思います。恰好悪くても、過去の記録を越える事が出来なくても、もう少し「ガチ」を楽しみたいと思っています。

別れ際の握手は同じ志を持つ仲間との再会を願って交わしたものだと思っています。が、取り敢えずは来月の地獄をお互い楽しみましょう。

爪の内出血は化膿すると厄介です。病院に行った方が治りは早いと思います。経験者が言うのだから間違い無いと思いますよ^ ^

いけたか 2017/04/16(Sun)19:54:38 編集
Re:本当にお疲れ様でした。
昨日はいけたかさんに会えて本当に良かったと思っています。

あの日、スタートよりゴールした後に、いろいろお話しさせていただいたこと。
特に、同世代が取り組むマラソンのあり方とか、目的意識とか、いろいろなことを生の声で伺うことができ、「もう一度スタートラインに立とう」という気持ちが呼び戻されました。

一夜明けて、冷静に判断すると「暑さ」や「脚の痛み」はもちろんありますが、それもこれもすべて自分の準備不足が原因。

そう考えると、「大事なレース」と位置付けながら、中途半端な自分自身に恥ずかしささえ感じました。

次はお互い野辺山ですね、左足は昨晩安全ピンで刺して血抜きだけは済ませましたので、化膿はしないかと思いますが、今後の状況によっては治療も検討してみます。

お互いに来月も頑張りましょう!
【2017/04/17 11:14】
お疲れ様でした。
今日は、ゴール後お会いできて良かったです。
そんな重大な覚悟を持って 走られていたとは知りませんでした。

ケガが重なり、記録も思うようにならない時は、
誰しもあると思います。
先日の 浅田選手の引退ではありませんが、
心が焦ったり空っぽになったりすることはスポーツ競技をする人には避けられないことですね。
でも 私たちはプロではないので、いつでも、いつまでも自分の意志でやり続けることができます。
私もRXさんと同年代ですのでわかるのですが、体力やケガの心配も増えてきています。
やがて、記録が落ちてくることは誰もがやむを得ないことであります。でもマラソンではタイムや過去の自分への挑戦が魂を熱くさせられますよね。

RXさんの今日の記事が唐突でとても寂しい気持ちになってしまったので、うまく言えないのですがまた、その年代にあったガチランを続けていって頂きたいなと思っています。

ランナーズの1才刻みランキングに終わりはありませんよ。

でもとりあえずは 今日の労をねぎらい、気持ちをすっきりさせてもらって、また走り出す日を楽しみにしています。
モノノフ 2017/04/16(Sun)22:22:32 編集
Re:お疲れ様でした。
モノノフさん、昨日は本当にお疲れ様でした。

今朝の新聞で、サブスリーのタイムも確認させていただき、改めて「すごいなー」と、感嘆にふけりました。

と同時に、やはり昨日お会いできたことは、本当に自分にとって良かったと思っています。

あの悪条件の中でも、しっかりサブスリーをとる底力がある方と、そうでない自分。

富士山山頂コースに挑む方と、目標を見失っている自分。

モノノフさんに対して、おめでとう!頑張って!という気持ちが素直に湧き上がる一方で、自分自身のふがいなさに「悔しい」という気持ちも湧いてきました。

おかげで「もう一度頑張ろう」という気持ちになることができましたので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

モノノフさんは、間にハーフを挟みますが、その後に控える富士山山頂コースは是非一発クリアして、あこがれの「グランドスラム」達成をしてください。

応援しています!
【2017/04/17 11:21】
同世代
長野マラソンお疲れ様でした。

"走らない友"の私にはかける言葉も見つからないですが
”同世代”の”ブロ友”として。

好きなことはやめられないですよ♪
それにヤメちゃダメです(^^)
技術的なことは全く分かりませんが
ガチランとムチャランを区別した方がいいと思います。

私の好きな将棋の世界ではこんな言葉があります。
『普段の研究が仕事、対局は集金』

高校の時の同じ陸上部の長距離選手は
『試合は練習より楽だから嬉しい』
とも言ってました。

練習はガチで。本番はファンで。

練習不足は本番の精神力でカバー出来ませんが
本番の精神力は練習でカバー出来ます。

落ちる時は一気に落ちますが
登る時は一段ずつしか登れないし
一段ずつ登らなければいけない仕組みになっています。

一段ずつ登るのは時間がかかりますが
RX-93さんなら確実に
もう一度サブ3まで登り切れると思います。

大勢のラン友。
本当に羨ましく記事を読ませて頂きましたm(__)m
りょうま URL 2017/04/17(Mon)08:12:09 編集
Re:同世代
りょうまさん、本当にありがとうございます。

「好きなことはやめられない」

本当にその通りだと思います。

昨日は、いろいろな思し召しなのか、多くのラン友さんと会うことができ、改めて自分が好きなのは、「マラソン」なんじゃなくで「ガチで挑むマラソン」なんだということに気付くこともできました。

落ちるときは一気でも、登るときは一段づつ

まさにその通りだと思います。
「普段のトレーニングが仕事で、レースが集金」
やってきたことの成果を集金するのがレースですので、今回の結果はこれまでやってきたこと、言い換えるとやってこなかったことの結果だと真摯に受け止める必要があると思っています。

「走らない友」とおっしゃいますが、私の場合マラソンの事だけだと視野が狭くなりますので、是非将棋の金言含めてりょうまさんの考えを、引き続きよろしくお願いいたします。
【2017/04/17 11:31】
ガチかファンランか
会長、お疲れさまでした。

暑いのに汗が出ないって、かなりやばかったですね。でも、ワーストとはいえ、自力でゴールされるところは、さすがです。

ガチランじゃないとマラソンは面白くない、ほんと、レースでスイッチ入るとファンランはできません。ファンランするなら練習で十分なわけで、記録を狙うランナーとして、ごく当然な考え方だと思います。

長いラン人生、こんなこともありますよ。

切り替えていきましょう!

野辺山で納得いくレースを期待します。
ヨッシー URL 2017/04/17(Mon)10:49:51 編集
Re:ガチかファンランか
ヨッシーさん、ありがとうございます。

ファンランするなら練習で十分

これって、まさにその通りですね。言われて気づいたんですが、長野の1週間前に桜を求めて上田城に走って行ったり・・・これなんて正に「ファンラン」でした。

やはり、「レースに出る」という意識があるならガチで臨むのが礼儀で、結果は二の次。

これがなければ、マラソンは楽しむことができないということに改めて気付くこともできました。

次回の野辺山は、どこか遠足気分がありましたが、今の走力では地獄を見るのは必至。

気を引き締めて臨んでいきたいと思います。
【2017/04/17 11:36】
cozy35さんへ
拍手コメントありがとうございました。

どんな結果にも、暖かいお言葉をかけていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

出直しですが、「もうちょっと頑張ってみよう」と、背中を押していただいた感じです。

本当にありがとうございました。
ブログ管理者 2017/04/17(Mon)10:50:20 編集
名無しの「サブ4」ランナーさんへ
お名前がなかったので、名無しさんで失礼させていただきます。

そして、拍手コメントありがとうございました。

「下り坂の走り方」が縁で、これまでも、そしてこれからも声援を頂けると伺い、本当にうれしく思っています。

色々なご縁がこのブログにはあり、大会でも多くの方の知り合いを持つことができました。

是非機会がありましたら、お名前(もちろんWeb上の)と合わせて、ご意見を聞かせてくださいね。
ブログ管理者 2017/04/17(Mon)10:55:38 編集
あさじろさんへ
拍手コメントありがとうございました。

あさじろさんはもちろんの事、私の周りには同世代で実力のあるランナーがたくさんいて、本当に刺激になっています。

そんな皆さんは市民ランナーですから、仕事があり、家庭があり、その中でマラソンもある。

なので、当然時間にも制約があると思うのですが、とにかくその中で皆さんの一生懸命な姿を伺うにつけ、本当に頭の下がる思いがしています。

もちろん、あさじろさんも、能登の後に家族サービスに向かったりしたことを思い起こすと、とにかくいろいろなことに精一杯努めている姿が、本当に尊敬できる存在です。

今私は一瞬立ち止った感じがしていますが、今回を機に、あさじろさんに負けないように、又一歩前に踏み出したいと思います。

本当にありがとうございました。
ブログ管理者 2017/04/17(Mon)13:02:44 編集
変わらない心
長野マラソン、お疲れ様でした。
大変辛い状態になってしまったにもかかわらず、自分の足でゴールをして立派なランナーさんです。

私は、ガチランもファンランというレベルでないので、共に頑張りましょうとは言えませんが、サブ3を達成したランナーさんならではの苦悩があると思います。
年長者として言わせていただくなら、今回、背負う物が重すぎたのかもしれません。応援という名のプレッシャーを送ってしまったのも自分ですが。足の故障を克服し、早く元の自分を取り戻したい気持ちが緊張感をマックスまで引き上げてしまったのかもしれないと感じました。
しかし、マラソンを楽しいと感じたとき、サブ3を達成したとき、ウルトラを走ったときも、サブ10したときも、どの大会でも感謝をしていたことを思い出しましたが、今回でも感謝する心は、変わりませんでしたね。だから走ることが好きなきもちは変わってないです。
今回は、原因は足ではないので、気負いを脱いで、原点に帰って楽しく走ることができるようになれば、結果は出てくる気がします。
ただひとつ気になるのは、運動誘発性喘息が、練習の時もあったような?自分もそうなのですが、花粉症が劇症化してるんじゃないですよね?

次、野辺山なんですね!
私も、飛騨高山、リベンジしてきます。
お互い、素敵な物を胸に抱えてゴールをしてきましょうね。
ペンギン 2017/04/17(Mon)14:46:06 編集
Re:変わらない心
ペンギンさん、本当にありがとうございました。

今回は、自分の定めた目標も目的も達しえない大会となってしまいましたが、得るものは決して少なくない大会だったと理解しています。

そんな中、このレースについてペンギンさんから「背負うものの重さ」を指摘されましたが、自分なりの理解で補正させていただけるなら、「背負ったものが重かった」のではなく「自分で勝手に気負いすぎた」というのが本音です。

更にペンギンさんは「応援という名のプレッシャーを送ってしまった」ということですが、これも私の理解でいえば、「応援」は背中にのしかかる「おもり」ではなく、折れそうになる心を支える「支柱」のようなもので、逆を返せばこれがあったからこそ、辛くともゴールまでたどり着けたとも言えると思っています。

だからこそ、声援をくださる皆さんに対しては感謝の気持ちが絶えませんし、これこそが自分が頑張れる糧でもあるとも思っています。

ですので、今回の結果は、多くの経験の一つと受け止め、何かに生かしたいと思っています。

私は次走が野辺山、そしてペンギンさんは飛騨高山と、ウルトラの世界が待っています。
私の目標は、5回目の完走で「デカフォレスト」の称号への折り返しを必達します。
ペンギンさんは、昨年の忘れ物をしっかり受け取って、今まで感じたことのない素敵な想いを手に入れてください。
応援しています。お互いに頑張りましょうね!

【2017/04/17 18:04】
おじ3さんへ
拍手コメントありがとうございました。

そして、昨日は初めてお会いできて本当にうれしかったです。

本当はもっとお話しできればよかったんですが、慌ただしいスタート前だったことでごあいさつ程度しかできなかったのはちょっと残念でした。

更にゴール後に待っていればよかったんですが、ゴール後は具合も悪かったのでラン友さん二人と会話しただけで、すぐに帰ってしまったこともあって、その後の合流もできませんでした。

またどこかでお会いできることを楽しみにしていますし、その時にはもっといろいろお話しできれば幸いです。

今回の失敗を糧にして、もう一度頑張ります。

もちろんそのためには、レースまでの過程も大事にしたいと思っています。
ブログ管理者 2017/04/17(Mon)17:05:32 編集
セイウチさんへ
拍手コメントありがとうございました。

そして、応援ありがとうございます。
皆さんの言葉を励みに、もう少し頑張ってみようと思います。

やっぱり、酒もガチレースもやめられませんねw

引き続きよろしくお願いします。
ブログ管理者 2017/04/18(Tue)10:30:49 編集
rg4さんへ
拍手コメントありがとうございました。

私も弱い人間ですので、これまで怪我の復帰(リハビリ)を理由に、きちんとレースと向き合っていなかったようにも感じています。

だからこそのこの結果だと思っていますので、真摯に受け止め、もう一度目標に向かって前向きに進んでいきたいと思います。

こちらこそ、本当にありがとうございました。
ブログ管理者 2017/04/18(Tue)10:34:29 編集
無題
長野ランお疲れ様でした~!
こんだけ記事よんでおきながら、未だにマラソンに興味はありません(爆)TV 中継もバラエティにしてよと内心思ってる派です。

なのにRX さんのブログを読みにくるんです。なんなら大会の記事に限っては、一言一句漏らすまいと真剣に読むほどなんです。

これって結局RX の生きざまと言ったら大袈裟かもしれませんが、本気の言葉がずっと綴られてるからだと思うんですね。マラソンに感動してるんじゃなく、ランナーさんの心意気に熱くなるんです。
RX さんの言葉はランナーさんだけのものではありません。ただのヲタ創作女にもめっちゃ沁みるんです。創作の世界も広くて深くて、上手い人、こだわりある人、羨んだり嫉妬したり、持ち上げられたり低迷したり。そんな世界でいかに自分を見失わないで、自分のやりたいことを貫けるか、RX さんはいつでも自分との闘いを見せてくれていた気がします。

ファンランになっても、そんな熱い記事がかけますか?RX さんは生粋のどMなので、生ぬるい湯には浸かれない方だと思います。ファンランだって、きっとこだわりがあって、そこを熱く語れる方もいると思うんです。RX さんがそこに魅力を感じるなら、趣旨替えは全然応援できるし、その変態的な記事を求めて、私も引き続きこちらのブログに足を運びます。

私にはランのことは全く分かりません。でも常に本気の言葉をぶつけてくるこちらのブログにはとても興味があります。
RX さんが前向きに選んでいくものを全力で応援します!が、その親指は気持ち悪いので、さっさと病院いって下さい←労りの言葉なしのどS
みち 2017/04/21(Fri)12:53:24 編集
Re:無題
みちさん、ありがとうございました。

更に、無為に長い長文をお読みいただいていて、感謝感激です!
ランナーでも、げっぷが出るほど長い文章で、途中でおなか一杯になるところ、ランナーではないみちさんにも最後まで読んでいただけていると思いうと、本当にブロガー冥利に尽きます。

みちさんが言ってくださった「本気の言葉」というのは、私にとっては大会記事を書く上で、もっとも大事にしている点でもあります。

もしレースをドラマに見立てて、変に耳触りのよい「美辞麗句」を並び立て過ぎると、なんだか嘘っぽくなってしまうような気がするので、格好悪いところは素直に格好悪いまま表現し、感じたことは感じたままに表現しようと思っています。

ありのままを、ありのままに書く。

文才がないので、これが一番直球で伝わる方法かな?って思ってますので、少なくともみちさんにそう受け止めていただいてる点においては、成功だと思っています。

二次創作には、何の役にも立たないかもしれませんが、引き続きご愛読いただければ、ドM冥利に尽きますw
【2017/04/21 17:10】
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
2
4 5 7 8 9
11 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS