忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


本日は、群馬県 前橋市と高崎市を舞台として行われた「ぐんまマラソン」に出場してきました。

本大会は、今年より陸連公認となり、フルマラソンに5000人の募集枠で行われた大会です。ちなみに、10kmと4.2kmジョギングを合わせると、1万6千人強の参加となった今大会。

私は例にもれず、「フルマラソン」にエントリー。

結果はどうなったでしょうか?


それでは、超長文の結果報告です!



・・・・・・・・




2016年11月3日(祝)


AM 3時 起床


で、

愛車(←ポンコツw)に乗り、一路「前橋市」を目指しました。

ちなみに前日は平日ですから、当然出勤日ですが、無理言って早退させていただき、無駄な体力を使わずに、夜の8時には就寝しましたから、早朝の運転でも眠気はありませんでした。


・・・・・・・


で、

AM 6時

駐車場に到着



駐車場は、ALSOK総合スポーツアリーナという、大会会場から4km程離れた場所の駐車場。



ですので、ここからシャトルバスで、会場に向かいます!


・・・・・・・


バスに揺られること10分



で、




ぐんまマラソンのメイン会場に着きました~!

ちなみに、看板前に映った子は、「娘」でもなければ「隠し子」でもありませんw



・・・・・・・



さて、本日のスタート会場は、



正田醤油スタジアム群馬

というところ。


コースはというと、



アップダウンは少ないものの、後半若干登り基調なのが気になります。

でも、



このゴールを目指して頑張りましょう!



・・・・・



さて、

時間を見ると、7時半ほど、

レーススタートは9時からですが、スターティングブロックへの誘導が8時10分~始まりますので、




ラグビーグラウンドで、柔軟体操をしつつ、レースの準備に取り掛かります。




  ↑
(ナンバーカードを付けるピンの穴が小さかったので、パンチで加工)



・・・・・・・・



さて、

今日は、2016年のラストレース。

トレーニングが不十分ですので、「タイムアタック」とはいきませんが、一応「勝負服」でレースに出ようと考えました。

理由はというと、「今日はきちんとフルマラソンに向き合おう」という気持ちが強くあったからです。

というのも、昨年の夏の故障以降、まともなレースは一つもないばかりか、途中で止まったり、歩いたりと、レースを投げ出す傾向が強くありました。

ですので、フルマラソンでは、歩かず完走したレースが、昨年の4月以降一度もありませんでした。


ので、


今日の目標は、

「絶対に歩かないこと」


そう、決めておりますので、タイム云々ではなく、もう一度「42.195km」とは、どういう距離なのかという事を、自分の「脚」と「心」に刻んできたいと考えました。


練習での30km走ですらおぼつかない状況ですが、「弱い心」と向き合う覚悟だけは整いましたので、


8時15分

ちょっと早めですが、スターティングブロックに並びました。



・・・・・・・・・・・・



AM 9時 定刻


スタートしました。

私のスタート位置は、陸連登録選手のすぐ後ろ。

でしたが、

道路幅が狭くて、大混雑

おかげで、予定通りのスロースタート。

オープニングラップは、4分25秒程で通過していきました。



・・・・・


相変わらず渋滞したまま走っていると、尿意が襲ってきます。

やはり寒い中でスターティングブロックで待っていたせいなのでしょうか、トイレを探していると、3km過ぎでトイレの「看板」を見つけますが、肝心の「トイレ」が見当たらず、そのままスルーw

しますが、

5km手前でトイレを見つけて、緊急避難。

しますが、このトイレは走路から少し離れていて、ちょっと無駄足を踏んでしまいました。

そんな訳で、この寄り道で「貴重な体力」と「貴重な時間」をトイレに流すこととなったのでした。


・・・・・・・


そんな、5kmの通過タイムは、22分ほど


いろいろあった割にはまずまずのタイムに一安心。

その後は、

「もう、7km」

「もう、8km」

と、

「まだ、〇km」

なんていう、ネガティブ思考を心の奥にしまって、走って行くのでした。


そのおかげと、下り基調の走路も手伝い、6km~10kmの5km区間タイムは20分45秒と納得のタイムを刻むことができました。


と、いうことで、10km通過は42分46秒

想定以上のタイムだったので、ここから先は完走を果たすうえでも、タイムに一喜一憂しないように一切時計を見ないように決めました。



・・・・・・・・


14km通過

「もう、3分の1を通過したぞ」

そう、心を鼓舞しますが、本音は

「15km以降大丈夫だろうか?

という不安がありました。


というのも、このところ練習で走っていても15km過ぎから極端にペースが落ち、そこからは
脚を止めないように30km走るのが精いっぱいの状況。

ですから、レースというペースで走っている今日も、どこで脚が終わるか全く状況がわからない様子でした。


・・・・・・・・


20km目前


頑張ったものの、ここで来ました。



急激に体力が奪われた感じがし、脚には力が入りません。


「まだハーフ前だぞ」


そんなちょっと弱い心が、顔を覗かせ始めました。


ので、


必死で通過した21.0975km地点

 
ここで、つい時計を見てしまうと、


「1時間30分11秒」


・・・・・・・


90分切れてないか・・・・


しかし90分を切っていないことから、今の状況としては当たり前ですが、「サブスリーはムリだ」と頭で理解できたおかげで、変なタイムへのこだわりを捨て、純粋に当初目標だった、「歩かず完走」に軸足をしっかり向けることができました。

すると、

目の前の看板に書いてあった、

「もう 半分? まだ 半分?」

の文字に、

「まだ半分?」と感じる心を抑え込み、前に前にと進んでいくのでした。


そう、


今の自分にできる精一杯を出すことが、今日の目標


その第一歩が「完走」だ!


ここへきてようやく認識を新たにすることができるのでした。



・・・・・・



25km地点通過


やはり脚は重く、心は何度も折れそうになります。

加えて、北向の走路になると、群馬名物の「かかあ天下とからっ風」の北風の「からっ風」が強く吹き付け、前に進もうとする意志に反して、体は前に進んでいきません。


しかし、沿道からは、

「頑張れ!」

「ナイスラン!」

の声。


そう、


頑張れ!

頑張れ!

頑張れ! 俺!


自分自身でリフレイン・・・です。


・・・・・・・・・・


28km通過


モウスグ30km

デモ ココデ マンゾク シテワ ダメダ

32kmデ マンゾクシタラ マタ ジブンニ マケル

35kmマデイケバ サイゴマデ ガンバレル キモチニナレル

40kmスギレバ シンデモ カンソウ デキル



そんな風に脳内に刷り込むのが精一杯。


もう、沿道の声援に笑顔を返す余裕すら無くなりました。



・・・・・・・


30km通過


あ・・・足が痛い・・・・


そう、


練習不足と怪我で走れなかった期間に3kgほど増えた体重の影響で、フォアフットで走る足裏への衝撃を受け止めきれなくなってしまいました。


着地のたびに、脳天にまで響くような激痛。


でも、


「足の痛みくらいで、足がモゲるわけじゃない!」


そう言い聞かせて、走り続けました。



・・・・・・・・



35km通過

恐れていた、ふくらはぎの攣りも発生。


右足が、ビクン!となり、激痛が走りました。



デモ

ゼッタイニ アルカナイゾ!



そう言い聞かせ、ふくらはぎが攣ったまま強引に走り続けました。

もちろんペースはジョグ以下に感じますが、今はペースよりも止まらないことに意識を集中し、無様な格好のまま、走り続けました。



すると・・・



後方から来たランナーが、私の肩を「ポンッ」と叩いて、

「頑張って」

と、優しく声をかけてくれました。


声の主は、シドニー五輪で銀メダリストの「エリック・ワイナイナさん」


あまりの出来事に、彼についていこうと駆けだすと、

「ダメ、ダメ! ゆっくり、ゆっくり!」

と、無理を制してくれました。


当たり前ですよね、

攣った脚でひょこひょこ走っていたのに、急にペースアップしたら、そこで


The End!


でした。


すぐにペースを落とし、ひょこひょこ走っていると、何とか一時的に攣りが収まり、少しだけペースアップ。

しますが、

またすぐに足が攣る


・・・そんなことを繰り返しながら、走って行きました。




・・・・・・・・



38km辺り


すこし前を走るランナーの様子がおかしく、よろよろと脇の土手に行くと、大量に嘔吐


ひどくむせながら、液状の嘔吐を繰り返していたので、非常にヤバい感じ


少し先には、「救護班」の男性


嘔吐するランナーを通り過ぎ、救護班の方に、

「すぐそこで吐いてる人がいるから、行ってください」

と、大声でお願いするのが精一杯で、私自身もいつああなるかわからないほど疲弊していました。



・・・・・・・



40km通過




モウ アルクコトワ ワスレヨウ

モウ ドンナニ ミットモナイ ハシリデモ イイ

キョウノ ジブンニ カツンダ・・・




そして、

41km通過



・・・・・・・・・・



もう、

周りの景色もよくわかりません

声援もよく聞こえません



・・・・・・・・・・



あれ?


これが今日、俺が目指した姿なのか?


今日の走りに、意味は見いだせたのか?


得られたものは、いったいなんだ?



・・・・・・・・・・



はっきりしない意識のまま、

ラストスパートもなく、

そのままゴール



余力なんてとっくの昔に無くなっていたので、すぐに立ち止まり、後ろを振り返って、今来た走路に向かって一礼しました。



・・・・・・・・・・



「ありがとうございました」


普段はそう言って、一礼します。


しかし、


今日は、



「走りきったぞ~!」



そう、言葉が出ました。



そう、

1年半ぶりに手にした、正真正銘の「完走」証です。

それまでの間は、「完歩」証でしたから、やはり「歩かず完走」した完走証には「充実感」という「重み」が含まれていました。



・・・・・・・・・・・



さて、


私は弱い人間です


何度も

「歩いても、歩かなかったことにしてブログに乗せればいいじゃん」

とか、

「今日ぐんまマラソンに出るって言ってないから、今日のことは無かったことにしたら?」


というような声が、何度も、何度も、何度も頭の中に巡りました。


でも、


「自分に嘘は付けない」


ってことと、


「声援をくれる人に嘘は付けない」


ってことが、私の「脚」と「心」を支えてくれました。



・・・・・・・



うん、

やっぱりマラソンっていいですね。


私の「弱い心」を試してくれる。


そんなことを裏付けるように、

スタート前には穏やかだったはずの群馬の風が、



ゴール後にフィニッシュの垂れ幕を大きくゆすりながら、

「お前の心も揺れたかい?」

と、問いかけてきました。







さて、

見ての通り、ラップタイムは後半ズルズルいった負けレースですが、一方で心に勝てたおかげで、

「今日のレースは意味あるものにできた」

と、自分自身は満足しています。





本日のラン  42.195km 3時間15分07秒


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 長文にお付き合いいただき有難う御座いました。
にほんブログ村

拍手[26回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
管理人様 こんにちは。

2016年ラストレースお疲れ様でした。
今年最後に自分に打ち勝つ強い心を取り戻した管理人様が
2017年にはサブ3に返り咲きする事、陰ながら応援しています。


私事ですが10月(頭と末)2回フルマラソンにエントリーし
この2つのレースどちらかで3時間30分切れれば来年の
飛騨高山ウルトラマラソン100㎞に挑戦すると決心して挑みました。
(自己ベスト3時間50分)

1回目3時間35分、2回目3時間28分の結果となり
1年程前にご相談させていただいた未知なる
ウルトラマラソンへ挑戦する事にしました。

日程も40歳での初レースがこのレースになりそうで
一生の思い出になるのではないのかと考えております。

管理人様のウルトラの記事を読み返して今は不安一杯ですが
練習で自信をつけてつけていきたいと考えております。

また改めてウルトラマラソンへの練習方法などご相談させてください。
宜しくお願いします。
tatsuya4302 2016/11/05(Sat)21:49:47 編集
Re:無題
tatsuya4302さん、フルの自己ベスト、そしてサブ3.5達成おめでとうございます!

自己ベストを20分以上短縮されたこともそうですが、2戦連続でタイムアップされているところがすごいですね。

この調子で、初ウルトラも頑張ってください。

飛騨高山は走ったことがありませんが、野辺山同様アップダウンが多い山岳ウルトラですから、それに負けない足を作ると100kmの旅を100%楽しめますよ。

練習は、この涼しい秋冬に50km走とか5時間走などの長時間トレーニングを月1ペースでやるのをお勧めします。

フルマラソン以上の距離ですから、歩いても休んでもOKですので休日にぜひチャレンジしてみてください。

詳しいやり方が必要でしたら、又コメントしてくださいね。

自分の経験則からしかお話しできませんが、可能な限り協力させていただきます!
【2016/11/06 16:42】
ぼんさんへ
拍手コメントありがとうございます。

ぼんさんもこれから怪我からの復帰とのことですが、7カ月以上のブランクがありますから、先ずは軽めのジョグから再出発と言ったところでしょうか。

私自身もそうでしたが、ブランク明けから体を戻すのは、大変なところもありますが、徐々に体が戻っていく感触は、非常に楽しいものがありますから、頑張ってくださいね。
ブログ管理者 2016/11/15(Tue)13:04:40 編集
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS