忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


前回に引き続き、今回は「第19回星の郷野辺山ウルトラマラソン」の本篇をお送りいたします。


前回以上に長い記事ですので、びっくりしないでねw


ちなみに前回記事を読んでない方は、「第19回星の郷野辺山高原ウルトラマラソン (前篇)」を読んでから戻ってきてね!



それでは、本篇スタートです(^O^)/




朝5時にスタートした野辺山100kmレース。

まだ、夜明け直後の薄暗い中を駆け巡ります。

スタートは、ほぼ最前列から出発したため、多くのエリートランナーと同じペースで出発。


ウルトラマラソンは、サブ10(100kmを10時間以内でゴールする事)が、トップランナーの証。つまり1km6分未満で走り切れれば上出来なところ、いきなりオープニングラップは、1km4分30秒と、フルマラソン並みのハイペースで突っ込み、いきなり


自分を見失っています(笑)


・・・・・・これが、のちにとんでもない悲劇を生むとは、この時には知る由もありませんが。


さて、とりあえず序盤は順調にレースを進めていると・・・

7496a321.jpeg
早朝の高原を走る電車を激写!

さぁ、鉄ちゃんのみなさん、鉄分補給してくださいね~ww






そう、この電車は、鉄道マニアには有名な、
1b5a21d9.jpeg
JR最高地点を走る電車。

標高だけは異常に高い、長野県ならではネタですね~






そんな、標高の高い中行われる、ウルトラマラソン。

標高が高すぎて、酸素の薄さが心配ですが、元気に走っていきましょう(^O^)/

448b2ed7.jpeg
雄大な景色の中を走るウルトラマラソン。

これも一つの魅力なんでしょうね~

・・・・でも、ほとんど地元の私にとっては、珍しくもなんともないのが残念・・・





でも、そんな中を走る事約10km・・・・・・

n19.jpg
さぁ、未舗装路に突入です!

ここから「横岳」という山の中腹まで上ります。

標高2000m近くまで一気に駆け上がりますので、マラソンなのか、登山なのかわけがわかりません(笑)



よくこんな「ドM」なコースを思いついたもんだと、感心しながら山を駆け上がります。

n20.jpg
写真で見ると残念なくらいインパクトが少ないですが、


ものすごい登坂路です。





ちなみに、ここの区間で最も遅いラップは、1km7分27秒かかっています。

私は、まがりなりにも「サブ3ランナー(フルマラソンで2時間台)」の選手なので、フルマラソンの平均ラップでも1km4分前半で走れるのに、ここでは3分以上遅いタイムになるくらいの激坂でした。

こんな山道を10kmも走っていくと・・・・・・・・・・

n21.jpg
標高の最高地点に到着(^O^)/

ここが約20kmポイント。


まだ、レースの5分の1しか来ていません。



でも、心の中では 「もう5分の1も終わっちゃった!」って言い聞かせますw


さ、最高地点まで登れば、後は下るだけ!

こんどは、一気に標高880mまで下ります。

でも、ところどころにアップダウンがあり、平らな路面は全くなく、

上るか、下るかしかない  変態コース  です(笑)

しかも、未舗装路・・・・・

n22.jpg
怪我してる脚に、


優しくない! Σ( ゚∀)ゲッ!!





でこぼこの路面に足元が安定せず、ときどき「グキッ」って足首がひねられ、鋭い痛みが走ります。


このあと、一旦舗装路に戻り、又、未舗装路があって、峠の上り坂の途中・・・・距離にして、スタートから約35km地点に到着。

ここは、今回のレースのエイドで最も楽しみにしていた

n23.jpg
「おしるこ」のあるエイドステーション。

到着するや否や、エイドステーションのお姉さん(本当はおばちゃん(笑))に、

「おしるこいりますか?」

っていう質問に、



「ハイっ!」 って、元気な一言。

おそらく人生で最も素直な「ハイ」の返事だと思われます(笑)



で・・・・・、

n24.jpg
「おしるこ」もらったよ~


35kmも走ってから食べるおしるこは、


ほんとーに 旨い!


こればっかりは、走った人にしかわからない旨さなので、この経験をしてみたい人は、是非「野辺山」を走りましょうw


さぁ、栄養も付けたし、標高880m地点までは、下りも多いので元気に走っていると、42kmポイントに到着。

この大会は、100kmのほかに、71km、42kmと距離違いのレースも並行して行われているため、42kmの部に参加している人たちはここでゴールになります。

100kmの部からすると、ずいぶん距離が短く錯覚しますが、考えてみればこれが「フルマラソン」の距離です。

ここは、「八峰の湯」という温泉観光地なので、多くのギャラリーがいて、応援の歓声も一番大きいポイントになります。

ちなみにこの42km地点の通過タイムは、手元の時計で「3時間40分26秒」。

ウルトラマラソンなのに、フルマラソン通過でサブ4達成です(笑)


明らかにオーバーペースの匂いのする序盤のレース運び。

当初、脚をもたせるために、下りもある程度セーブして走る予定が、キロ3分台の時計もちらほら見えるラップタイムで、坂を駆け下り、「今日は調子がいいんだ!」って錯覚します。

n25.jpg
新緑の中を軽快に駆け下りていくと、確かに快適!

しかも距離はまだまだ50km手前の距離ですから、全然余裕があります。






そんな坂を全て駆け降りたところが、ちょうどレースの中間地点の50km。

ここは、おしるこの次に楽しみにしていた、
n26.jpg
「そば」があるエイド。

信州と言ったら、やっぱり「そば」。

朝から4時間以上走っていますから、ここらでガツンと食っときましょう!





・・・・・・・ってことで
n27.jpg
いただきまーす!(^^)!


普段、フルマラソンでは、1分、1秒のタイムを競っているので、エイドで物を口にする事は一度もなかったんですが、ウルトラは長期戦ゆえに「補給が命」ですから、こうして食べ物を口にする事が出来るのは、ある意味楽しいレースです。



「あー、ウルトラマラソンはサイコーだな~」

って、この辺りまでは思っていました。


・・・・・・・・・が、


天国はここまでで終了。

ここから、地獄の始まりです。



そばを食べたのは「50kmポイント」。

レースとしては、半分終わったばかりです。

そんな50km地点から、約80km地点までの30km


延々と上りが続きます! Σ(゚д゚lll)ガーン


考えてみてください。

30kmも坂道を走るって。

しかも、序盤は緩やかな坂道ですが・・・・・・・
n28.jpg
65km地点からは結構な急こう配(泣)

これまた、写真では伝わりにくいですが、坂の傾斜角の表示が出るぐらいきつい坂道です。






ここでついに、心が折れてしまいました・・・・・・

「完走」をあきらめ、ついに「歩き」が入ってしまいます。

でも、ランナーの性で、なんとか走ろうとしますが、脚が言う事を聞かず歩いてしまう、でも又走ってみて・・・・また歩く。


そんな繰り返しで、1km6分・・・7分・・・・8分・・・・

と、遅いラップが続き、前半のタイムの貯金を食いつぶし始めます。

ただでさえきつい坂道の連続・・・・・

その途中のエイドステーションで、一人のランナーと出会います。


私がエイドで給水をしていると、

「RX-93さんですか?」(もちろんここは、本名で聞かれましたがw)

と声を掛けられます。

私が、「ハイ」と声を返すと、そのランナーさんは私と同じ市内のランナーさんで、〇場さんという私より一つ年上のランナーさん。しかも、そのランナーさんのお友達は、私のブログを見てくれている方だという事です。

ですので、この大会に私が出る事、そして、もし会う事があったら声を掛けてほしい事など、そのを友人から言われていて、運よく「ここで会えてよかった」と言ってくれました。

そんな〇場さんを見ると、ボロボロの傷だらけ・・・・・

聞くと、レース序盤の15kmぐらいの急坂のところで、転倒して負傷してしまったとのこと。

腕はすり傷と出血が酷く、ひざはレーシングタイツが破れ、打撲と出血がある状態。

「リタイヤするかもしれない・・・・・」

と言っていたので、無理しないで少し休んでくださいね・・・・って一言残して、先にエイドを出発しました。

このエイドは、約65km地点で、時間はレース開始から5時間後半の頃・・・・

頑張れば、この後ほとんど歩きでも、完走は問題ないくらい時間があったので、あえてリタイヤの事は言わず、「少し休んで」という言葉だけを残してきました。


さて、人の事より自分の体が完全に疲弊し、もはや上り坂を全然走れなくなってしまい、情けない気持ちに包まれていると、さらに追い打ちをかける状況がやってきます・・・・

そう、この大会の最大の山場・・・・
n29.jpg
「馬越峠」入口です。

ここまで、散々上り坂が続いていたのに、更に急坂が襲いかかります。

これまでの上りでも歩きが入っていたのに、更にきつい上り坂・・・・




気持ちで負けてしまっている私にとって、この坂を走る気力は全く残っていません。

しかも、痛めている足首の為に装着したサポーターが、逆にあだになって右足にものすごい激痛が走り始めます。

一歩踏み込むたびに、「ズキッ」っという鋭い痛み。

走ると痛むだけでなく、歩きでも痛みが起きるようになり、遂に足が止まってしまいました。

痛みをごまかしながら、少しでも前に進む・・・・・・

脳裏には、「リタイヤ」の文字が浮かびます・・・・・・・・・・・

「なんで、こんなことやってるんだろ~」

とか、

「このまんま、横になってリタイヤした選手を乗せる収容バスでも待とうかな~」

なんて、気持ちがどんどん膨らみます。


が・・・・・・・・・・・、


ふと、帽子に目をやると
IMAG0605.jpg
娘が書いてくれた、応援メッセージ。

「がんばれー  走れー」

って書いてある。







さらに、レースに出かける前に、


(私) じゃあ、大会に行ってくれね

(娘) ちょっと待ってて

(私) なーに?

(娘) はい、お守り!


って、言って手渡してくれた紙切れ

n05.jpg
「パパへ、走りきれるように がんばって!」

の文字。

これを、ランパンのポケットに入れてあるのを思い出して眺めます。





そう、「完走する!」と娘と約束して家を出てきた私。

レースも後半。

制限時間までは、まだまだ余裕がある状態。

こんなところで、諦められない。

娘の為にも、自分の為にも、


這ってでもゴールして、完走メダルを手に入れる!


そう思って奮起します。



そんな中、更に負けられない気持ちにさせてくれたのが、先ほど負傷していた〇場さん。


なんと、少し休憩した後に走りだしたようで、私を抜いて駆け抜けていきました。


自分だけがきついなんて大甘!

みんなきつい状況を頑張っている。

自分は全力を出し切れただろうか?

本当にここまでだろうか?


そう自問自答し一歩づつ前に進んでいきます。

78km地点・・・・・

このレースで最も遅い、1km11分55秒・・・・・・

そう、ほとんど全部歩きです。

それでも前に進み、79km。

最大の難所の「馬越峠」の頂上に到着。

ここから90km地点までは、坂を駆け下ります・・・・・・・・が、ボロボロの脚では、この下り坂を駆け下りることも容易ではありません。

下り坂ゆえに走るスピードが加速しますが、その衝撃を脚が吸収できず、脚全体に痛みが走ります。

更に体幹を支える腹筋も悲鳴を上げ、8時間以上降り続けてきた腕も疲弊し、体中がボロボロ・・・・・


それでも、なんとか走り(歩き?)続けて、ようやく到着した

n31.jpg
95km地点。

あと、5kmでゴールです。


この時点で、手元の時計で9時間35分・・・・




どう考えても、残り5kmを25分で走れる状況ではありません。

緩やかな上りも、走っては歩き、歩いては走っての繰り返し。

1km7分以上かかっています。


こんなレース展開を予想していなかった・・・・・・

不甲斐ない・・・・・・・・・

情けない・・・・・・・・・・・



ちくしょー!!


そんな思いで進んでいきます。



・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


97kmを少し過ぎたあたり


ゴール地点から、3時を告げるチャイムの音が聞こえます。


午後3時・・・・・・

スタートから10時間経過・・・・・・・・・・・・

この時点で、サブ10(100km10時間以内のゴール)が失敗に終わりました。


昨年の大町のフルマラソンで、サブ3(フルマラソンで3時間未満でのゴール)に、たった32秒足りなかった悔しい思いと同様に、今回は100kmに対して、わずか数km及ばずに大記録を逃しました・・・・・

悔しさがこみ上げる中、それでも前に進んでいくと

n32.jpg
ついに、ラスト1kmの看板が目に見えてきました。

近くのゴール地点からは、ゴールする選手をたたえる声が響く中、最後の1kmは意地でも走りきってゴールするという決意を胸に走り始め・・・・・・


ゴールの200mほど前に入ると、


(アナウンサー) さぁ、次にゴールするのは、地元長野の選手で、
           「RX-93さん」(もちろんここは本名でアナウンス)。

           今回、初のウルトラ挑戦の選手だそうです。


・・・・と、私の紹介を放送しながらゴールの栄誉をたたえてくれます。

そしてついにゴール!

正式タイムは発表されていませんが、手元の時計で10時間15分前後。


ゴールした安堵感で、時計の計測を止め忘れ、しばらくしてから気がついてあわてて止めているので、更に正確性は欠けますが、まぁ、だいたいそんなところです。


ゴールした後、〇場さんと再び再会し結果を聞くと、〇場さんはみごとサブ10を達成したとのこと。

転倒によるけがを押して、10時間で100kmを駆け抜けた、不屈の精神に感服です。

一方、自分の不甲斐なさには情けないものを感じながら、今回のウルトラ初挑戦は幕を閉じました。


その後、いろいろと〇場さんとお話しさせていただくと・・・・



(〇場さん) 野辺山のウルトラに出る人は、変わり者が多くて・・・・


        
とのこと。

確かにこんなエグイレースに出ようなんて人は変わりものなんでしょうけど、それ言っちゃうと



あなたも私も変わり者(大笑)


って事になっちゃいますから。


ま、いろいろお話させていただいて、次もどこかのレースでお会いしましょうということで

n33.jpg
記念写真(^O^)/

なんだかちょっとづつ、いろんな輪が広がっています。






さ、なにはともあれ疲れましたので、帰りましょうかねー

心配していた雨もゴールと同時に降り始め、なんとかギリギリ間に合いました。



n34.jpg
トレイルありの100kmレース。

なんとか、アディゼロJapan2 1足で押し切りました。

この相棒にも感謝です。




♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪サンキュー My シューズ!

おかげで、
n35.jpg
100km完走の証を手に入れました。












ほんとうに長くて、本当につらい道のりでした。

心は何度も折れかけ・・・・、

いや、途中歩いちゃった時点で折れてしまったんだと思うんですが、それでも最後まであきらめずにゴールできた事・・・・・・

それは、本当に娘の応援があったから。


このレース最大の功労者は、わが娘・・・・・・・・

そんなわけで、帰宅後すぐに
n36.jpg
娘に「完走メダル」授与!










・・・・・サンキュー!

ほんとに、お前のおかげで走りきれたよ・・・・・




 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ とりあえず、「オツカレチャ━━━━( ´∀`)━━━━ン!!!!」ってことで、サブ3.5クリックしてね
にほんブログ村

拍手[10回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いや、感動です…
いいブログです。
記事はもちろんですが
こうして人の輪が広がって
皆が上を目指して励まし合って
実際に相当なレベルにいながら
それでも失敗して悔しくてまた次を目指す。

生き甲斐を感じるのではないでしょうか?

地味に夜勤してる自分が
ちっちゃく感じてしまうほど
いい話を読ませてもらいました(^^)

私も帰ったら…!と思っても
帰ると疲れて眠ってしまうこの生活。
これはこれで頑張ってるんですけどねぇ(^^;

りょうま 2013/05/22(Wed)00:48:57 編集
Re:いや、感動です…
りょうまさん、ありがとうございます。

大会でもこうして人から声をかけて頂く事が時々あり、その都度励ましの声を頂きます。

私は近くにマラソンをやっている友人もいませんし、チームにも属していない、「部員1名」の状態(笑)ですから、声でもかけて頂かないと、一言もしゃべらずに大会が終わってしまう可能性もあります。

今回の大会は、完全に自分の「負けレース」でしたので、次回はきっちりリベンジしたいと思います!

りょうまさんの夜勤生活もタフさが必要になりますので、大変な事だと思います。さらにきっちり家事をこなし、育児も一生懸命。
本当にいつも頑張ってると思いますよ~(^O^)/
【2013/05/22 09:39】
素晴らしい!
娘さんとの心温まるエピソード。
ぐっときました。

会長と私では、戦っているレベルが違い過ぎますが、会長のレベルにおいても激闘があったのだとあらためて知ることができました。

42キロをサブフォー!

サブスリーの会長にすれば、ゆっくりめのペースでマージンを作りながらのランだったのですね。

50キロ以降ですね、ポイントは。

50キロまでは足を温存しないといけないということですね。

来年への課題、よく分かりました〜
ヨッシー URL 2013/05/22(Wed)03:56:06 編集
Re:素晴らしい!
本当にポイントは「50km」からでした。

地元故に土地感がある為、小海町まで下ってきた瞬間、「ここから野辺山まで登って戻るのか~」って考えたら、心は完全に折れてしまいました・・・・・

サブ10に向けて、50kmまではたっぷりあったマージンが、どんどんどんどん消費され、90km地点ではほとんどゼロ。

しかも、あれだけ良かった天気も一転して曇天に・・・・・・

本当に、自分の心を映し出しているようで、泣きそうになりました。

お互いに、来年は課題クリア―に向けて頑張りましょう(^O^)/
【2013/05/22 09:45】
マーマンさんへ
拍手コメントありがとうございます。

本当に娘の力で走り切れました。

サブ10は、来年の目標です。
今度こそ走り切れるように頑張ります<(`^´)>
ブログ管理者 2013/05/22(Wed)09:00:25 編集
凄すぎます・・・
感動の本編、読ませて頂きました

なんと言って表現して良いのか解らない

目頭が熱くなり、何度も読み返しました。
娘さん最高です!!

ウルトラって奥が深いですね
フルマラソンの比では無いです
一度入り込むと、病み付きになるって言うけど
解るような気もします・・・


足首、養生してくださいね

本当にお疲れ様でしたm(__)m
36kite URL 2013/05/22(Wed)09:14:25 編集
Re:凄すぎます・・・
カイトさん、ありがとうございました。

本当にウルトラは奥が深いです。100kmもの距離をレースメイクするとなると一筋縄ではいきませんでした。
特に50km~90kmの40kmは自分の体とは思えないくらいの疲労感と体の痛みに泣きそうになりました。

後半に脚を残すことのむずかしさ、コースに応じた脚の使い方の研究等、病みつきになる要素は満載のウルトラマラソン。

カイトさんもいかがですか~?

ディープな世界が待ってます(笑)
【2013/05/22 09:54】
無題
ナイスラン!!
ナイス娘さん!!
ラベル ストロング 2013/05/22(Wed)12:24:37 編集
Re:無題
ラベル ストロングさん、ありがとうございます。

本当に過酷な100kmでした。

途中何度もギブアップしそうになりましたが、なんとか完走。

皆さんの励ましの声のおかげです(^O^)/
【2013/05/22 13:08】
ドラマだあ!
あまりにもの頑張りにグッと来てしまいました。
練習の様子などを伺っていて、折れない心も訓練されていて、自分を甘やかさないRXさんと思っていましたが、想像以上の過酷な頑張りに感動です。

もちろん、100キロの一歩一歩が、過酷だったと思いますが、中でもグッと来てしまったのは、「最後の一キロ」を走ってゴールしようと、心を立て直すところ。娘さんへの愛情、自分への厳しさでしょうか?もう、感動d=(^o^)=b

1000人位のランナーさんが走ったので
しょうか?一人一人にドラマがあったことでしょうね。

娘はいいよねえ♪……息子にはこの心の細やかさはできない。

一つ、知りたいんです。「ただいまー!」ってかえってきて、娘さんや奥さまとのご対面の場面!

ハグ?ガッツポーズ?

次のレースに支障でないように、体をしっかり休めてくださいね。




ペンギンrunner 2013/05/22(Wed)19:23:01 編集
Re:ドラマだあ!
簡単に走り切れる距離ではない事、そして体の痛みも苦痛も無くクリアできる距離ではない事は、前もって十分承知していたはずでしたが、いざ実際にやってみるとほんとうーにきつかったです。
練習の不十分さ、直前に怪我をする調整の問題等、事前の不備もありましたが、それらも全部ひっくるめて「レース」なわけですから、今回は「負けレース」です。

今回100kmの部には、約2000名が出走し、完走は1300人ほど・・・・・

屈強なランナーたちでも、完走率がトータルで65%程ですから、キツイレースです(今年の女性の完走率でいえば、57.1%だそうです)。

そんな2000人のドラマがあった、この大会。
なかなか日常の中で、10時間以上に渡って、自分の体と対峙することはありませんから、本当にすごい経験をさせてもらいました。
ペンギンさん含め、多くの方のエールも支えになりました。
ほんとうに、皆さんに感謝です(^O^)/

さて、ご質問の帰宅直後ですが、ブログにも書いた通り、功労賞が「娘」だと言う風に思いながら、帰宅の途につきましたので、家に着いてリビングに入ったら、娘の頭に手を置いて「お前の応援のおかげで走り切れたぞ・・・」って言って、自分の首にかかってた「完走メダル」を娘にかけてやりました。

本当に疲れてましたから、☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ って感じの元気いっぱいの結果報告と言うより、静かにぼそっと言った感じです(笑) 
【2013/05/23 09:23】
コバさんへ
拍手コメントありがとうございます。

初ウルトラは勉強の連続で、レースメイクの仕方、補給の重要性、必要なトレーニング方法等、いろんな事を学べた様な気がします。

完走はしましたが、課題も一杯の今回のレース。
次こそは・・・・・の気持もいっぱいです。

秋は、別のレースのエントリーが完了してしまっているので、古戦場の出場は微妙ですが、他の大会でも見かけるようでしたら、是非お声掛けください<(_ _)>
ブログ管理者 2013/05/23(Thu)09:05:13 編集
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS