忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日開催の「長野オリンピック記念 長野マラソン」。

大会の模様をお送りします。


当ブログを、熟知されている方は、もう痛いほどわかってらっしゃると思いますが、


超ロング記事です。


体調を整えて、お読みください。




それでは、本編スタートです(^O^)/




2013年4月21日 朝4時・・・・・・・・・・・

起床直後に異変に気付きます。


そう・・・・・・・・・

P4210381.JPG
雪・・・・・


長野県内の自宅の庭では、既に積雪が始まっており、同じ長野県内の長野市で行われる「長野マラソン」の会場でも同じく雪が降っているであろうことは、すぐに想像がつきます。



Σ(゚д゚) エッ!?  ・・・・・ Σ(゚д゚) エッ!? ・・・・・ Σ(゚◇゚;)マジデッ!?



だって、4月21日ですよ。

つい数日前には、20度を超える夏日を記録したんですよ。


ってゆーか、 なに雪降ってんだよ~!!!


「爆弾テロ」に警戒していた長野マラソンが、まさか「爆弾低気圧」で雪が降るとは・・・・・

自宅の車は、2台全てスタッドレスは脱いでしまっており、この雪道を走るにはとってもスリル満点。


・・・・・・・・・・・・!?


あっ!


お袋の車・・・・・・・・・・・・


そう、今日はマラソンの応援に娘が参加する為、その引率に実家の母親もついてくる。

そして、実家の母の車は確かまだスタッドレス装着のままのはず。


やった~! ラッキー!


案の定、我が家に到着した母の車は、スタッドレス装着。

そんなわけで、急遽母の車で会場入りする事になりました。



自宅から会場までは、車でわずか40分程の距離。 

しかし、高速は雪で50km制限が敷かれ、ジャンクション付近では、軽い渋滞も起きてるしまつ。

そんなこんなで、到着には1時間近くかかりましたが、無事6時頃、大会の駐車場に到着する事が出来ました。


長野市内の駐車場でも、もちろん

P4210382.JPG

雪・・・・・・orz






今日は本当にレースをやるんでしょうか?


一抹の不安を胸に、朝食をむさぼります。


本日の朝食は

焼きたらこのおにぎり(166Kcal)・赤飯おこわおにぎり(228Kcal)・スローバーという栄養補助食品(168Kcal)・豆大福(198Kcal)で、合計760Kcalの糖質チャージ食。

食うもんも食ったので、応援の母と娘とは車で別れ、私は選手専用のシャトルバスでスタート地点の「長野運動公園」へ向かいます。

P4210385.JPG
当たり前ですが、シャトルバス乗り場もガンガン雪が降っており、とてもこれからマラソンをしに行く感じではありません。

(むしろ、スキー場に向かうシャトルバスのようですww)




それでも、大勢がバス乗り場に並んでいますので、私もその列に並び、バスに乗り込んでいきます。


バスに揺られる事15分・・・・・・・・・・・

スタート会場の「長野運動公園」到着。

雪ですので、屋内の柔道場が解放されており、そこで着替えやらなんやらの準備を整えます。


ちなみに、「長野マラソン」は、スタート地点とゴール地点が違う、「ワンウェイ・コース」。

ですので、荷物はまとめて荷物輸送車に預けないといけないというシステムになっており、預けたら最後荷物が出せなくなってしまう。

寒さからスタートギリギリまでウィンドブレーカーを着ていたい私は、スタートギリギリまで荷物は預けず、柔道場でじっと待っています。


7時45分・・・スタート45分前・・・・・・


さすがにそろそろ荷物を預けないとヤバそうなので、数百メートル離れた荷物預け場所に手荷物全てを預けます。

このあとは、ゴールまでレースウェアですごさなければなりませんので、先ずは


寒さとの戦いが始まりました!


ちなみに、スタート直前の状況は
P4210386.JPG
こんな感じ!

寒くて、外に出る気はさらさらないので、柔道場から1枚だけ外を撮影。

ちなみに、スタート地点で撮った写真は、後にも先にもこれ1枚きりです。ですので、それだけ寒かったと推測ください。



ちなみに新聞に載っていた、ゴールの「長野オリンピックスタジアム」では、
P4220405.JPG
朝から大勢のスタッフが雪かきをして、ゴール地点の整備をしてくれたそうです。

本当にこういう屋台骨の力で大会が運営されているんだと、頭の下がる思いです。







さて、スタート直前の気温は、0.4度(と、新聞に載っていいた)。

雨交じりの雪で、冗談じゃなく寒い状況。


でも、私のウェアは・・・・・・
P4210399.JPG
タンクトップ! v( ̄Д ̄)v イエイ

(寒そ~)







ですので、スタート地点に並んだら、すかさず隣の人に

「スゴイ気合入ってますね!」

って、言われましたが、返した答えが、

「ウェア、これしかもってないんで、仕方が無いいんです~」(笑)


確かに、このくそ寒いのに、ランパン・ランシャツの薄着は少数派。

ちなみに優勝した「川内優輝選手」も

P4220404.JPG
ランパン&ランシャツw

外国勢がビニールポンチョを羽織る中、日本人はさすがです(^O^)/






ま、でも私も川内選手同様、アームカバーはしているので腕はセーフ。手もフリース地のランニンググローブで保温、更に外国人選手のように「ビニールポンチョ」を羽織りましたので、最低限の保温はd( ^ω゚ )バッチリ!!

ちなみに、ビニールポンチョといっても「ゴミ袋」1枚かぶった程度の保温力ですが・・・(笑)

それでもポンチョのおかげで直接体を濡らす事が無かった分、かなりましな状況でした





さぁ、待ち待ったスタートの瞬間。

特に大袈裟なカウントダウンもなく始まりましたが、新聞発表で9068人が参加した今大会。やっぱりスタート渋滞がムチャクチャです・・・・orz


スタートポジションからスタートゲートをくぐるまでに、まず1分以上かかり、その上最初の1kmはまともに走ることすらできない状況でした。

最初の1kmで要したタイムは、5分54秒・・・・・・・・・


完全にジョギングペースです。


それでも、慌てて右往左往しても前には進まない事、更に体力消耗が著しく、メリットが何一つない事を、昨年の長野マラソンで学んでいますから、隊列がばらけるまで、ひたすら体力を温存しつつ、我慢します。

2kmを過ぎたあたりから、徐々に走り易くなり、3kmを過ぎる頃には、ほぼ渋滞も解消。

こっからエンジン全開で行くぞー!

って思ったら、全開になったのは


尿意・・・・・・・(笑)


完全に寒さでやられて、大事なレースなのに、堪え難い尿意に襲われます。



どうしよう・・・・・・・・・・


まさか、40歳にもなって、「おしっこ垂れ流し」で走るわけにもいかず、5kmぐらいの場所に設置された臨時トイレで緊急停車。

1f778ed5.jpeg
GPSウォッチのデータにある「スピード情報」でも、5km過ぎでガクッとスピードが落っこちていますが、これがトイレによって止まった証。





さらに、走ったコース図を見てみると・・・・・・

ab75d089.jpeg
道路から外れて、歩道に設置されていた臨時トイレに寄った軌跡がちゃんと計測されていました(当たり前だけど)。







とはいえ、出すもんだしたので、本当にエンジン全開で行きましょう!


・・・・・と、思いましたが、既にスタートロスで約1分・・・・・スタート直後の渋滞でロス1分・・・・・更にトイレ休憩で30秒と合計2分30秒もロスタイムが出ています。

早くも5kmでサブ3達成に黄色信号・・・・・・・・・

更にやまない雪・・・・・・・・・・・

完全ではない体調・・・・・・・・・・・・・

更に普段より1kg重い体重・・・・・・・・・

体重1kgでフルマラソンのタイムが3~4分は変ってくるといううわさがあるので、自己ベストの2時間52分にロスタイムや過体重の影響を加味すると、ほとんど余裕が無い計算になってしまいました。

加えて、路上の水たまりは、「氷水」のようにキンキンに冷え、足の感覚が無くなっていきます。



いきなり薄れて行く「やる気」・・・・・・・・

そして、頭に次から次へと浮かぶ、3時間を切れなかったときの「言い訳」・・・・・・・・


完全に負け組思考になりそうになってきました。



・・・・・・・・・・・・・が、


10km地点


「パパ 頑張れ―!(^O^)/」


一際大きい声援に目を沿道に向けると、ピンクのカッパを着た娘の姿・・・・・・


私は大きく握りこぶしを天に突き上げて、ガッツポーズ <(`^´)> を返します。



・・・・・危ない

心が折れるには、まだ早すぎました。


レースは序盤。

数分のロスは、残りの32kmで巻き返すには十分な距離が残っているはずでした。


全力を尽くした結果の、後半の失速ならまだしも、まだ何もしていない序盤に失速するのは、愚の骨頂。


ましてや、娘の友達も私が長野を走る事を知っていると聞かされているので、無様な走りはできません。


長野マラソンは、長野のローカル紙「信濃毎日新聞」に、完走者全員の成績が翌朝の新聞に掲載されるという、珍しいマラソン。
加えて、長野県は地方紙である「信濃毎日新聞」の購読率が異常に高い、特殊な県。

ですので、レースの結果はすぐに翌日には白日の下にさらされてしまいます。



「うちのパパは、マラソンが早いんだ~」


と、友達に自慢している娘。

そんな娘の顔に、泥を塗るわけにはいきません。


その思いだけが、全ての支えになって、心と脚に再び力がみなぎります。



先ずは全力を尽くす!


娘にとってのかっこいいパパ、頑張っているパパを見せるんだ!




雪が体を濡らす中、心の火がようやく赤々と燃えあがって行きました。



・・・・・・・・・・・・15km通過


前回の能登和倉のマラソン同様に5km20分の区間タイムに重点を置き、失速していないかを確認します。


約20分でロス無し・・・・・




・・・・・・・・・・・20km通過


20分に少しおまけがつくようになりました。


正念場


ここからが、本当の勝負です。

ハーフの21.0975km通過タイムが1時間27分05秒と、サブ3に向けての余裕が3分弱しかない事を確認し、中盤を通過しました。


でも・・・・・・、


まだ3分ある!



あきらめるには、まだ早い段階。辛い時には、娘の声援を思い出し、「まだ脚が動くじゃないか」、「心臓だって苦しくない」と、自問自答。

更に、雪の中一生懸命応援してくれる沿道の声援にも力を分けてもらい、次の5kmポイントまで頑張ろうと踏ん張ります。


25km通過・・・・・・・

なんとか5km20分近くのタイムを死守。練習でも何度も取り組んできた「シューズの推進力に体を預けて、出来るだけ楽にスピードに乗る走り方」に重点を置き、リラックスした姿勢で走り続けます。


30km地点・・・・・・・

ここまでは、毎週のように走ってきた距離です。なんとか余力を感じながら、5km20分台で通過を確認できました。




地獄の一丁目

まさにそんな感じです。


至る所で、私の前を走っていたサブ3の力を持つランナーたちが、脚を引きずって止まっています。

低すぎる気温、濡れた体。

通常なら、低体温症になりそうな環境の中でのマラソンです。


やはり、脚の痙攣が怖い。

そんな感じです。

私の脚も軽くひきつり、ヤバそうな匂いを発し始めていました。


35km地点・・・・・・・


5kmの区間タイムがいよいよ21分に近付いてきてしまいました。

昨年は、丁度このあたりで左足ふくらはぎが攣って、脚を止めてのストレッチ。

更に、ここから極端な失速をして、キロ5分台にまで落ちてしまった苦い経験のポイントです。


去年の俺を超えて見せる!

その思いで、昨年の長野マラソン以降、毎週のように取組んできた30km走。

夏の炎天下でも、真冬の雪の中でも繰り返してきたのは、全て「フルマラソンに耐えられる地脚作り」の為。

「今年の俺は違うんだ!」という思いで、40km地点に向かいます。



・・・・・・・・・・・しかし

徐々に脚が重く、バネの効いた走りが出来なくなり、不安感から1km毎のラップタイムにも目を配るようになりました。

キロ4分20秒・・・・・・・・・・

サブ3の平均ラップタイムはキロ4分15秒以内。

ついに貯金を食いつぶし始めていました。


しかし、これまでに作った貯金は約5分。

このまま行けば、サブ3は確定圏内に入っています。しかしその一方で自己ベストには届きそうにないタイム。

ならば、「セカンドベストでも恥ずかしくないタイムでゴールしよう」。

そんな思いで駆け抜けます。

40km通過・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2時間46分・・・・・残り、2.195kmを14分で走ればサブ3達成です。

やはり今回も沿道から、「サブ3確実だよ~」って声をかけられ、今回は嬉しさよりも安堵感のような思いが湧いてきました。



ゴールまで800m程の地点


「パパ~、速~い!」

と、再び娘の黄色い声援が飛び、左腕大きく突き上げ、再びガッツポーズ!

P4210391.JPG
そのままゴール地点の「長野オリンピックスタジアム」に走り込みます。








雪で湿って重くなった芝生のグラウンド。

走りにくい事この上ありませんが、応援のチアガールの女の子たちの声援。そして、スタジアムの観客の声援。そして、ゴールも見守ってくれているはずの娘の声に応えながら、小さくガッツポーズを作ってゴールゲートをくぐります。


記録 2時間55分44秒(グロスタイム)

セカンドベストですが、それでもサブ3達成です。


これで、能登和倉の記録がまぐれではないと、ようやくサブ3ランナーとしての自信がつきました。


ゴール後、応援に来ていた娘と母とスタジアム内で合流。



(娘) パパのゴールした所も見れたよ!

(私) どうだった、パパの走りは?

(娘) カッコ良かったよ(^O^)/


なんとか、娘にとっての「かっこいいパパ」を見せる事が出来たようです。ε-(´∀`*)ホッ


その後、母に頼んで娘との2ショット
P4210388.JPG
あまりに寒くて、レースウェアのままとはいかず、上着だけは羽織って撮影。

娘も、ダウンコートの上にピンクのカッパの重ね着。

手袋は完全に冬用のもので防寒してます。




その後は、スタジアム内の売店で焼きそばを食べたり、おでんを食べたり。


でも、すっごい寒くてすぐに帰りたい感じ・・・・・


ただ、娘が抽選くじの券を持っているので、12時の抽選を待ってから帰りたいという事で、しばし待っている事に・・・・・・


・・・・・で、抽選の結果


見事に大外れ! Σ(゚Д゚;)アラマッ


7枚ももってた抽選券が全て大外れで、がっくりの娘。

なだめながら、帰路につこうと促します。




駐車場に向かうシャトルバスは、選手専用。応援の家族は乗れません。


なので、私もみんなと一緒に長野駅まで行く、別のシャトルバスに同乗。

で、長野駅から駐車場まで約3kmを・・・・・・

P4210394.JPG
徒歩で帰ります。

フルマラソンで、強張った筋肉をほぐすには丁度いいウォーキング。

30分くらいかけて駐車場に戻り、帰宅します。




帰宅後、嫁に結果を報告。

ふ~ん・・・・・・・・・・

と、相変わらずのドライな反応に対し、私だけ熱く結果を語ります(笑)


その後は、私の慰労会と娘のそろばん進級祝いを兼ねて、近くのレストランでお食事。

しかし、疲れ果てて、写真を撮り忘れる失策・・・・・orz
(というより、出かける前にちょっと一杯ひっかけたのが敗因(笑))



なにはともあれ、寒くて、熱くて、ハートフルな1日でした。



最後に・・・・・
221a81ee.jpeg
GPSウォッチによる、1km毎の全ラップデータがこちら。

最後まで、完全に粘れませんでしたが、それでもまぁ、及第点と言ったところでしょうか?








それにしても、レース後に羽織ってもらった
P4210397.JPG

「フィニッシャーズ・タオル」が温かかった・・・・・











本日のラン  さすがにレース翌日なので脚休め

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ 今回は、あまりの悪天候で、写真が少なめ・・・・・・
にほんブログ村

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ニアミス・・・
本当にお疲れ様でした!
感動の記録ですね

ところで
かみさんと娘が、10km計測地点の近くで応援してくれていました。ニアミスしてますよね!!!

色々な思い出が出来た大会で、一生忘れないでしょうね!

次回の野辺山!「サブ10」充分射程内ですね!
是非狙ってください
36kite URL 2013/04/22(Mon)19:24:53 編集
Re:ニアミス・・・
カイトさんも本当にお疲れ様でした。

それにしても、思わぬところで意外なニアミスが・・・

ただ、応援者同士は面識がないから、何も気づかないままなのは仕方がないですね。

本当にきつい大会だった長野マラソン。
いろんな意味で忘れられない大会になりました。

レースの厳しさを改めて知りましたので、ウルトラに是非生かしたいです。
【2013/04/22 20:07】
おめでとうございます
またまたサブ3達成、おめでとうございます。
直前のテロ事件、4月というのに大雪、かなりの寒さ、体調の悪さ、
色んな悪条件が重なったにもかかわらずサブ3達成というのは、凄いと思います。
前回よりもタイムは悪かったかもしれませんが、
前回より価値があると思います。
何事も真摯に取り組まれた結果ですね。
尊敬! 
かめ&うさぎ 2013/04/22(Mon)20:41:11 編集
Re:おめでとうございます
ありがとうございます。

いろんな条件の中で走る42.195km。
今回は、タイム以上に学ぶことの多い大会だったと思っています。

コンディショニングの難しさ。

あまりに厳しい気象条件では、心が折れそうになる事。

でも、諦めなければなんとかなる事。

そして、沿道の声援の力。

学んだことの全てをしょって、次の100kmウルトラに臨みたいと思います。

かめ&うさぎさんの声援もしっかりと届いていましたよ。
本当にありがとうございました<(_ _)>



【2013/04/23 09:47】
無題
 またまたサブ3達成おめでとうございます!って言うか悪天候の中でのこの記録すごいっすね!!

 2週間前私も初フルデビューしましたが、サブ3達成することがいかに大変なことかがよ~くわかりました。

 お疲れ様でした!!
takesweet 2013/04/22(Mon)23:17:13 編集
Re:無題
初フルデビューお疲れさまでした。

フルマラソン走られて、気持はどうですか?
私は、初フルマラソン完走後は、1週間くらいものすごい達成感に包まれていて、「やればできる!」って言う自信がみなぎってきていたのを思い出します。

タイム云々は、それぞれの人の目標値ですから、takesweetさんの目標に向かって頑張って下さい。

応援しています(^O^)/
【2013/04/23 09:52】
お疲れ様でした(^^)
このコンディション(環境も体も)で
この結果は、もうサブ3ランナー確定ですね♪
逆に、3時間かかったらおかしい人になってますw

大勢のランナーが脚を引きずり止まる中を
駆け抜けるRX-93さんの雄姿は
間違いなく日ごろの努力のたまものです♪
(ドMのたまもの?w)

とりあえず疲弊…というより
壊れかけてる体を休めて欲しいです(笑)
お疲れ様でした(^^)/
りょうま URL 2013/04/23(Tue)02:04:21 編集
Re:お疲れ様でした(^^)
なんとか42.195kmは持ちこたえられるだけの脚を作る事が出来たようです。
「ヤバい?」って感じながらもなんとか粘れた事には心底ホッとしています。

周りを見れば、鍛え抜かれたアスリートたちが、自分の限界を超えて攻めた結果、後半で動けなくなる姿を見ると、自分自身との駆け引きの難しさを感じると共に、改めて「自分との戦い」であるマラソンの難しさを感じました。

環境によるコンディションは、誰もコントロールできないことで、責任の所在のない事柄で、更にレースに参加する全員が同じ条件を共有している共通のものです。
一方、自分自身のコンディションは、調整を成功しても失敗しても全て自分の責任。責任転嫁はできませんし、そこに一切の言い訳も存在しません。

でも、どんな条件でも「全力を尽くす」事だけは必ずできる事なので、これだけは忘れないようにしたいなと、思っています。

サブ3は、やっぱり「結果」。

まだまだ「プロセス」にこだわりたいですね。
【2013/04/23 10:06】
凄いです
ランシャツでよくぞ極寒のマラソンを走りましたね。

足の感覚がなくなってくる中で、素晴らしいペースで走り続けるのは、もう、さすがとしか言いようがありません。

しかもトイレ立ち寄りでサブスリーとは!

娘さんの応援、元気でましたね。

感動しました!
ヨッシー URL 2013/04/23(Tue)03:19:11 編集
Re:凄いです
娘には正直救われました。

・・・というより、今回の功労賞は「娘」だと思っています。

やっぱり、心のどこかに「強い父親でありたい」という願望がありますから、娘の前では必死になれるんだと痛感しています。

今回のターニングポイントは何と言っても10km地点。

早めに娘の声援をもらった事と、この辺りからようやく脚の感覚が戻ってきたことで、なんとか持ち直す事が出来ました。

次回は野辺山・・・・・

100kmもある行程なんで、さすがにここへ娘を連れて行くことはできませんから、何か対策を考えておかないと。
【2013/04/23 10:11】
ラベルストロングさん
拍手コメントありがとうございます<(_ _)>

直接レス出来ませんので、こちらからお礼コメです。

これからも「ナイスラン」&「ナイスパパ」でいけるように頑張ります(^O^)/
ブログ管理者 2013/04/23(Tue)10:23:59 編集
無題
ほんっとーーーーに、お疲れ様でした!

確かに寒い日でしたが、まさか雪のレースだったなんて!!!
それでも3時間以内に走りきったRX-93さんがすごいです。

苦しいとき、娘さんの応援に励まされ底力を見せたパパの姿。
私の中で勝手にロッキーのテーマが流れ、ちょっとホロリときたんですけど(泣)

長い文章だと毎回おっしゃってますが、確かにこうやって見ると長いですがw、読んでる分にはちっとも長く感じないんですよね。
レースの中に物語があって、PC前なのに何故か応援してる感覚になってくるし。

RX-93さんの文才あってこそだと思います。その才能も普通にすごいと思う。

奥様の「ふ~ん」にこみ上げる笑いがあるんですが、娘さんにとっては自慢のパパ。(いや、奥様も内心自慢してると思いますが)

これからも最強最速のパパでいてあげて下さい。かっこよかったです♪
ミチ URL 2013/04/23(Tue)23:49:53 編集
Re:無題
ほんっと~~~にありがとうございました。

これまで、真冬のレースだって何度も出場した事がありますが、今回の0.4度は、間違いなく「最強の低温レース」です。
それに加えて、みぞれ交じりの雪まで降って、更に寒さに「トッピング」(笑)
寒くて死ぬかと思いました。

さて、長文主体のこのブログw
しかも、レースの様子は泣く泣く割愛してもこの長さww

やっぱり42.195kmには、いろんなドラマが凝縮されているんですね~

他の方のマラソン系ブログも時々拝見しますが、やっぱり面白いのはレースの記事。

十人十色のレースドラマがつづられていて、本当に読んでいて楽しいです。

これが、マラソンの真の魅力!

ミチさんも、ドラマの主役になってみませんか?
(女優の条件・・・・・Mである事ww)
【2013/04/24 08:59】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS