忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今週から始まった4週で3戦するマラソンマンスリー。

初戦は「越後湯沢秋桜ハーフマラソン」です。


このレースは、4年連続4回目の出場で、毎年秋のフルマラソンに弾みをつけるためのトレーニングレースとなっています。


アップダウンの激しい難コースですが、脚を鍛えるにはこの上ない良コース。

昨年は暑さに負けて1時間26分台と不甲斐無い結果に終わってしまいましたが、今年は是非ともこのコースで1時間25分を切りたいという目標で臨みました。


ちなみに結果は最後に記しますが、今回は結果以上に非常に大事な経験をさせて頂きました。

ですので今日は、その思いが冷めないうちに記事に起こしておこうと思います。





・・・・・・・



2014年9月28日(日)


快晴・・・




今年も越後湯沢秋桜ハーフマラソン会場にやってきました。

目指すのは、1時間25分未満で



このゴールゲートをくぐること。


気合を入れてスタートレーンにつきました。


ここは申告タイムごとに2ブロックに分けた「ウェーブスタート方式」。


私は1時間24分台以下を目指しますので、第1ブロックでスタート。

スタートブロックへのコールの前からスタートブロックに入り、前から3列目くらいのスタート位置を確保しました。




定刻・・・9時30分



スタート



スタートポジションは前の方とはいえ、前半の7kmは登りが続きますので、ペースは抑えていく作戦。


・・・・・・でしたが


6年連続で箱根駅伝に出ている「上武大」のメンバーのペースにうっかりついていこうとしてしまい、最初の1kmはやや緩い上り坂だというのに3分42秒という自分にとってはハイペースで進入。


続く2kmからは、本格的な登りが始まる中、ここでも3分57秒と登りではありえないペースで走ります。


気持ち的には、


「今日は調子がいい!」


そう信じてやまない自分がいました。




3km目

坂の勾配もきつくなり始めますが、ここでも3分59秒と4分を切るペース。


夏のスピードトレーニングのおかげだと勝手に思い込んでいました。


が・・・・


3kmを過ぎたころから、脚も体も自分のものと思えないほど、思い通りに動かなくなります。




・・・・・え???


まだ3kmだぞ・・・・・


序盤どころか、レース自体始まったばかり・・・・・



やむなくペースダウン。


4km目のラップタイムは4分20秒まで低下。


それでも上り坂であることを計算に入れれば、落ち込むほど悪いタイムではありませんでした。


我慢だ・・・我慢・・・


そう自分に言い聞かせ何とか5kmも通過



しかし、5km目は何と4分50秒までラップが落ち、後2kmほど続くであろう上り坂を前に、急に目の前が真っ暗になった気がしました。


1分後・・・・


激しい虚脱感と疲労感。

そして嘔吐感と共によろよろと左端の路肩へ・・・・・


路肩に入ると同時に脚が止まり、そのまま尻もち。


荒い呼吸と吐き気を感じながら、青く澄んだ空を眺めます・・・・・





リタイヤしよう・・・・・・




20回以上レースに臨んで、初めて現実味のある言葉で「リタイヤ」の4文字が頭に浮かびました。




・・・・・・・




不思議です


そう思った瞬間に、「悔しい」とか「情けない」とか、そういう感情よりも


「今日21km走れなかったから、明日は何Km走ろう?」


そんな事が脳裏に浮かびました。





3分ほどでしょうか?



空を見たり、苦しそうな表情で坂を登ってくる他のランナーを見ながら、たったひとり別の空間にいるような錯覚を覚えながらその光景を眺めていました。


目の前には給水所



スタッフに言おう・・・・・



「リタイヤします」



・・・・・と




しかし、その言葉を告げようにも、次から次へとやってくるランナーに、汗をかきながら一生懸命に水やスポーツドリンクを手渡すスタッフたち・・・



そして、それを受け取って必死に走るランナーたち



・・・・・



あれっ?



俺は何をやってるんだろう?



・・・・・・



気が付くと給水所で水を1杯いただき、お礼を言ってまた走り出していました。




ペース???


もはやそんなことではなくなっていました。


リタイヤのつもりで、時計も止めてしまったし、正確に何分休んだかもわからない。


でも、ゴールできる力が残っているなら・・・・いや、まだ動く力があるなら前に進もう・・・


そう思って走り始めました。



・・・・・



走り始めて1.5kmほど・・・・



最初の長い登り区間が終わり、うって変わって長い長い下り区間に・・・・






悔しかった・・・・


本当に悔しかった・・・・・・


あとちょっと我慢してれば、下りに代わったのに・・・・・





人生と一緒だ・・・・・




・・・・・



マラソンは常に人生と例えられる



そう、今日も一緒だ・・・




辛くても・・・・本当につらくても・・・・あとちょっとだけ頑張れば好転する・・・・・




その根性が今日はなかった





本当にそれだけです。






結果的には心が折れてしまっていたので、下りでこそ少しだけ奮起しましたが、その後3回も足が止まり、結果は・・・・




1時間39分43秒・・・・


デビュー戦どころか普段のランよりも遅いタイムです。


でも、これが今日の結果です。




マラソンは甘くない・・・・・・




本当に思い知らされました。


フルマラソンの42.195kmやハーフの21.0975kmに人生の縮図があると同様に、マラソン人生の中にも人生の縮図があると再認識させてもらいました。




「うまくいくときもあれば、そうでないときもある」




だから「人間は謙虚でいないといけない」のだと襟を正す思いがしました。





今日は来てよかった・・・・・・・



いや・・・・・


マラソンを続けてきてよかった・・・・・・



続けてきたからこそ、こういう経験ができました。




「驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し」



今日は春ではなく「秋の白昼夢」でした・・・




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ こういうことも含めて、私です
にほんブログ村

拍手[16回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そのお気持ちよくわかります。こちらもこの春に同じような経験しました。

そのときに、箱根経験者に言われました、

「練習レースでは突っ込んで入ることも大事です。それでペースを体感して、本番に備えるんです。そうすると、有意義な練習レースだったということになります。」

と。

ぜひそのようになるようにしてください。

こちらはスピード練習ばかりやっていたせいで、距離走が全く走りきれなくなってしまいました。完全にスタミナが低下しています。

つくばに向けて、どのように立て直すべきかかなり深刻に悩んでおります。
ゆっきー 2014/09/28(Sun)22:55:12 編集
Re:無題
>「練習レースでは突っ込んで入ることも大事です。それでペースを体感して、本番に備えるんです。そうすると、有意義な練習レースだったということになります。」
>
本当に有意義だったと思います。

突っ込むとどうなるかを身をもって知りましたからこれ以上ない勉強です。

ゆっきーさんも同じ経験がありなんですね。

そして、スピード練習がメインでスタミナに不安なんてところも私も一緒です。

ハーフレースが続くせいで、更にスタミナ系の練習ができないまま、3週間後にはフルマラソンが控えていますから、本当に心配。

夏は長い距離がなかなか踏めないから、本当は9月10月にじっくり脚を作って、11月のレースに臨むのがベターなんでしょうけど、ついついレースを入れすぎちゃいました。

私は10月の大町は練習と割り切った方がいいのかもしれません。
【2014/09/30 09:53】
お疲れさまでした。
尻餅をついた所まで読んで「えっ!?」となって
最初から読み直してしまいました。
そして

あぁ、それでもリタイヤしないんだ…と
あらためて尊敬の気持ちが湧きました。
それは何を置いても普段の練習がもたらした物だし
それ以上に
マラソンがけして個人競技じゃないということを
感じさせてくれる記事になっていました。

ペースを乱すきっかけになる強い選手
頑張って走ってくる後続の選手
給水所の補助員
他にも運営、観戦者、天気や景色…。

謙虚さや慎重さ、おごりや過信。
片寄りすぎずバランスが大事なんでしょうね。
普段のイケイケなRX-93さんも
大事な要素だと思いますよ(^^)

ただいま自宅から寮に向かう途中。
今の私は人生の登り坂みたいですが
実はすぐ先に更に険しい谷が待ってます(汗)



りょうま 2014/09/28(Sun)23:08:00 編集
Re:お疲れさまでした。
今回は「ペース」がどれだけ大事なのかを痛感させられたレースでした。

疲労をきっちり抜いて臨んだレースだったので脚が軽すぎて「調子がいい」と錯覚したことに敗因がありました。

いくらなんでもハイペースが過ぎると3kmでつぶれるんだなということと、ここまで行ってしまうとペースを落としてもリカバリー不能になってしまうということに気が付きました。


ハーフぐらいの距離なら楽勝!


そう、思い込んでいたところに落とし穴がありました。

この辺は大反省。

いろいろ応援頂きありがとうございました<(_ _)>
【2014/09/30 09:20】
あ、すごい発見した。
ランキングをポチした先に表示される
ランキング2位(今現在)の、もっちさんって
私の将棋仲間で一緒に彦根で走ってる人です(笑)
ちなみに私のblogは教えてないんだけど…
もしかしたら気付いてるかもしれませんねw
このランキング順なら
絶対ここは覗いてると思うし(^^;
りょうま 2014/09/28(Sun)23:13:56 編集
Re:あ、すごい発見した。
思わぬところで大発見ですね。

そういうことなら、こちらのブログも覗いてみないと

特に彦根の後なんかはりょうまさんのことも書かれてたりしそうですから、りょうまさんのブログと併せて読むと二つの視点から見た彦根が見えて面白いかも。

うーん、楽しみ(^O^)/
【2014/09/30 09:24】
無題
RX-93さんでもそんなことあるんですねぇ。
文章全体の雰囲気がいつもと違うから、何?と思ったけど、そういうことだったんですね。

普段から走ってても、普段より距離が短くても、それでも心が折れる時ってあるんですね。そうかぁ、なんだか、どうやって声をかけていいか分からないです。

ひとまずお疲れ様でした。折れた心でも完走したのはすごいと思います。
今回のレースを経て、また新しいRX-93さんが生まれるのかもしれませんね。
ブログの更新が楽しみになります♪
みち 2014/09/29(Mon)22:34:11 編集
Re:無題
みちさん、お気遣いありがとうございます。

レースでここまで走れなくなるのは初めてのことだったので、さすがにびっくりしましたが、振り返れば「起こるべくして起きたこと」と冷静に受け止められてもいます。

いやー、ほんとに奥が深くて面白いし、難しい。頭を使ってレースを組み立て、冷静にそれを実行しないと完走すらおぼつかないんですね。

今回はとりあえずゴールはしましたが、何度も立ち止まっちゃいましたから「完走」には程遠い内容。

でも、そのおかげで色々勉強しましたから、大収穫のレースでした。
【2014/09/30 09:35】
怖かったですね。
最初にこの記事を読んだのは日曜日。わたしも富山のローカルなハーフマラソンに参加後でした。
私には雲の上ような存在のRXさんですから、その時の気持ちをわからないながらも、ここ数日間記事を反芻してました。どうコメントできる?
でもやはり最初に読んだ時の気持ちですかね。私は追い込むことのないような万年ヘタレですが、体が無理を感じてくれて反応してくれてよかったですよ。レースに出てなんども見ている倒れているかた。今回私のでた大会では完全に気を失い「戻ってこーい!」とAEDを装着された方をみました。自分で気づくことなく倒れたんですね。RXさんの場合、練習によりたぶんオーバーペースも体感してたんですね。
でも、やっぱり、走る楽しみを知っているんですから、長く続けることできるように命大切にしてくださいね。
マラソン、大変なスポーツです。よくも悪くもひとりではないスポーツですね。
ペンギンrunner 2014/10/02(Thu)10:49:31 編集
Re:怖かったですね。
そうなんですよね、本当にマラソンは一歩間違えると「怪我」では済まないことも起こる危険なスポーツ。

全国的な健康ブームに乗って、急速にマラソン人気は過熱の色を見せているように感じますが、自身の限界を知らずに無理をすると大変な事態も待っていますから、気を付けないといけませんね。

オーバーペースやコンディションの不良、その他もろもろの要因で思ったレースが出来なくなるのはよくあることで、それはトップアスリートでも同様です。

ですから、我々市民ランナーは、ダメなときはダメで諦める勇気を持つことが肝要。

特に「一生楽しめるスポーツ」と位置付けるなら、なおさらたった一つのレースに固執しないことも重要だと、今回勉強させてもらったように思います。

速いとか遅いとかそういうことも大事かもしれませんが、それ以上にアマチュアスポーツは「楽しかった」というのが無いとダメ。

ペンギンさんはそういう意味でも素晴らしいランナーだと思います。

一緒に、もっともっと、楽しんでいきたいですね。
【2014/10/02 17:55】
takesweetさんへ
すいません。10/1に拍手コメント頂いていたのにRESが遅れました。
拍手コメント、ありがとうございました。
ブログ管理者 2014/10/06(Mon)11:48:16 編集
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS