忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新コメント
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新CM
[03/03 ブログ管理者]
[03/03 ざいごのあんま]
[02/27 かめ&うさぎ]
[02/27 ペンギン]
[02/23 ブログ管理人]
最新TB
PVアクセスランキング
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日は、半年ぶりのフルマラソンで、大町アルプスマラソンへ行ってきました。

いろいろと不安要素はありますが、目標は昨年の2時間56分を切ること。

できれば、55分は切りたいと思って臨んだ大会です。



地元長野県の大会ですが、長野県は無駄に広い県なので、会場までは高速を使っても1時間半ほど。

もちろん前泊なんて全然不要ですから、朝3時に起きて身支度とシャワーを浴びて4時15分に出発です!

ナビの案内に従って、「麻績インター」で高速を降り、一路大町へ・・・


と思ったら


まさかの通行止め Σ(゚Д゚)


先日の台風の影響でしょうか、土砂崩れがあったそうで、この道しかないという大町への道は寸断されて通れない。

更に迂回路の表示もないし、この辺の道はよくわからないので、大慌てで高速に再び乗り直し、安曇野インターへ向かいます。

ここからなら間違いなく大町につけるはずですから、多少時間がかかっても手堅くいきましょう!



いきなり不運が遅い、心の中では「嫌な予感・・・」



それでも少し早めに出たおかげで何とか6時10分ごろに現地到着。




駐車場はかなり埋まっていて、例年より遠い場所に駐車させられてしまいました。





・・・・・AM7時



受付です(^O^)/



総エントリー数で3000人強の大会ですから、受付もスムーズ。


このくらいの規模の大会が、一番好きかもしれません。


5000人を超えるとけっこう込み合いますし、1万人を超えるとかなり制約事項があって走る前に疲れちゃうこともしばしば。

で、1000人以下では、ちょっと寂しい・・・


そんなわけで、



このスタートゲートから




このゴールを目指して頑張りましょう!



それにしても、この大町は気になる情報が一つ・・・


それは、



熊 ヽ(゚皿゚)ヽ ガオー!!


所々で、目撃情報があり、この会場に到着した直後も・・・


(放送) 大町市より、熊の目撃情報についてお知らせします・・・

     今朝・・・6時・・・〇〇分ごろ・・・

     〇〇地区にて、熊の目撃情報がありました・・・



・・・・マジか


今日も出たの Σ(゚Д゚)


そんなわけで、受付では・・・




クマよけの鈴が配布(笑)←でも、マジで出たら笑いごとではない


・・・・・ん?

「方」が1個多くない?(←方々のつもりか?)





さて、今日のレースはとにかく42kmをきちんと走り切ること。


ハーフの連戦が続いたために休日に距離走ができなかったので、スピードは問題ないものの、持久力にどうしても不安が残ります。

来月の大田原が本命なので、このレースは練習目的ですが、最後まできっちりレースができることを第一目標に置き、その中でタイムにもこだわっていきたいと思ってました。


ですので、入りの5kmは下りで調子に乗らずに、とにかく抑えていくことを念頭に置きスタートしました。


ちなみに昨年の5kmのラップは、18分52秒。

昨年は下りでかなり飛ばしていますね~

でも、今年は抑えたつもりが18分58秒とあまり変わらず(笑)

それでも、気持ち的には抑えて入りましたから脚にも心肺にも余裕があるペースだと感じていました。


8km通過・・・

ここで第一の折り返しポイント。

ここから21km付近まで延々と上り続ける最初の試練に入ります。

途中でラン友の「I田さん」と「カイトさん」とエールの交換。

ここで、パワーアップしました。


今回は、もう一つの目標として「とにかく沿道からの声援に笑顔で応えることでリラックスをして登りを走る。」


これは本当に楽に走るテクニックで、こうすることで、坂の苦痛を減らして走っていけました。


沿道の皆さんには本当に感謝、感謝です。


さて、ながい、なが~い、坂道を終え、21.0975kmのハーフ通過タイムを見ると

1時間26分ほど


ほぼ予定通りの通過となりました。


ここからは木崎湖の28kmほどの地点まで下りが続きます。

ここでタイムを稼ぎ、30kmを2時間2分以内に通過できれば、サブスリーはもちろんのこと、2時間55分切りも視野に入ってきます。



・・・・が


27km辺りから脚に異変が起こりました。


右脚の太ももからお尻にかけての筋肉が痙攣をはじめ、両足の裏が激しい痛みを訴えるようになりました。

とりあえず、頭の中では我慢・・・我慢・・・


そして


「30kmまでは頑張ってみよう! タイムが2時間5分以内ならサブスリーに向けてまだまだなんとかなる」


そう信じて走り続けました。


木崎湖で折り返し29km地点を通過し、とりあえずの目標の30kmが見えたとき・・・



ああ・・・・30kmだ・・・・



・・・・・


・・・・・


・・・・・







・・・・・30kmの表示が見えたところで脚が動かなくなってしまいました。



一回止まって、深呼吸


30秒くらいロスしても、ここでペースをキープしてとにかくサブスリーペースで押し切ろう。


そう考え、すぐにスタート。



・・・・・・・が、


32km過ぎの給水ポイントで、激しいけいれんが起き、完全にストップ。


給水所のおばちゃんに、


「(コールド)スプレーあるよ」


って言われますが、痙攣なので効果はないのかなと思い、

「ありがとうございます。大丈夫です」


と、返答。


おばちゃんが、

「あんまり無理しないでよ」

って、一言かけてくれたのが後押しになって、もうちょっと頑張ってみます。



・・・・・が、


1kmもいかないうちに上り坂でストップ。



すると・・・


車で移動観察(路上でギブアップしそうな人とかをチェック)してる人から声をかけられます。


「リタイヤするか?」


って、聞かれたら

「はい」

って言いそうだったのに、

「大丈夫か?」

って聞かれたもんで

「大丈夫です」

って答えた私。(←大丈夫?って聞かれたら、「大丈夫じゃない」なんて言えないw)


当然車はそのまま走り去る・・・・・


「いかないで・・・・」(進撃の巨人の1話、エレンの母のように)
 ↑
ついてこれる方だけで構いませんw
ちなみに、エレンのようにパワーアップしませんし、女型の巨人も出てきませんw


・・・と、心でそう思いながら「とりあえずあと9kmくらいしかないんだから、何とかしてみよう」と、痛む足を引きずり、苦悶のラン。


その直後、


ラン友さんの「I田さん」が反対車線を下ってきて、すれ違いざまにエールの交換。


これで、何とか坂を登る元気をもらい、よたよたしながら35kmの頂上まで登り切りました。


ここからは下り。


・・・でも、


下りは足にかかる負担が大きく、痛む足に否応なく痛みが走ります。

一歩、一歩、踏み込むたびに走る激痛。

「うっ・・・うっ・・・」

と、声が上がりながら、走ります。


自分に言い聞かせるのは、

「下りなんだから、走るのは楽だろ?」

ってことだけ。



でも、痛みは増すばかりで、時々止まっては、痛みが引くのを待って、走り始めることの繰り返し。


途中で、ブロ友&ラン友の「カイトさん」とすれ違い、カイトさんから大きなエールをいただき、パワーをいただいたのは言うまでもない上に、

「あとちょっとなのに何やってんだ!」

って気持ちが大きくなりました。



ラスト5km。


普段なら、「あとちょっと、頑張れ」って思うポイントですが、今回は「後5kmで解放される」っていう、ネガティブな思考になっていました。


後4km・・・

後3km・・・

・・・・



40km手前で3時間が過ぎ、サブ3が100%無理だとわかりましたが、

「もう止まれない」

「3時間15分未満は死守」

なんだか、変な意地だけが沸き上がり、スパートもできないまま、多分相当みっともない表情でゴールの陸上競技場に入り、必死のゴール・・・

結果は、

3時間13分05秒



今回も大失敗のフルマラソンでした。

それでも最後まで足を持たせてくれたシューズには感謝です。



本当に自分が引き起こした不始末ですが、脚づくりが全然できていませんでした。

予想はしていましたが、30kmで大きな壁がありました。

この壁を越えていけるだけの脚が必要だと痛感しました。



・・・・・・帰宅後



(私)ただいま~

(娘)オカヽ(´∀` )ノエリー!!

(私)ごめーん、レースダメだった

(娘)サブ3ダメだったの?(←こんな用語は知っている)

(私)3時間13分だった・・・



そして、シャワーを浴びてリビングへ・・・


(娘)パパ、マッサージしてあげる。

(私)ほんと?でも、脚が痛すぎてダメかも

(娘)じゃあ、さするくらい?


・・・という感じで、脚をさすってくれて、更に腰から肩までマッサージ。


(娘)パパ、ちょっと待ってて

といって、出てきたのが「フルーツビネガードリンク」と「チョコパイ」

(娘)疲れた時は、お酢と甘いものがいいんだって


・・・・・・


パパは、あなたの言葉に一番癒されました。





本日のラン  42.195km  3時間13分05秒


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 娘の期待に応えらるるよう、もう一度出直しです。
にほんブログ村

拍手[20回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お疲れ様でした
色々あったんですね~~!
・・・
マラソンは奥が深いです

娘さん
最高ですね!!!!
疲れも吹っ飛びますよね!!
何かご褒美をあげてくださいね


今回初めて変態コースを体験しましたが
想定以上でしたね!
僕的にはコースには完敗でしたけど
一歩も歩かないで完走出来たので、ほめてあげたいと思いました
カイト 2014/10/19(Sun)21:14:21 編集
Re:お疲れ様でした
カイトさんは一歩も歩かず完走ですから、目標達成ですね。

本当にお疲れ様でした。

2度目のすれ違いの時も、私のボロボロに比べて、カイトさんは元気いっぱいだったので、「ああ、これがこれがきちんとレースメイクできている人との違いだな」って痛感させられました。

私は何度も脚が止まりましたから、タイム以上に惨敗です。

能登和倉もタイムはボロボロでしたが歩かず止まらずでしたので「完走」ですが、今回は完走とは呼べない結果になってしまいました。

又再起戦を頑張りたいという思いです。

【2014/10/20 09:46】
お疲れさまでしたm(__)m
皆さん青春してますね!!
私は今、生ける屍状態です(汗)

RX-93さんの結果は最近の流れから
何となく予想出来てしまう感はありましたよね。
それでも完走する辺りは
さすがRX-93さんだと思います♪

走るだけなら騙し騙しで続けられますが
フルの自己ベストとなると
やはりそれを中心に万全の調整が必要なんでしょうね。
もはや私には分からない世界ですが(汗)

熊鈴で漢字の「方」が多いのは
ワープロ時代ならではのミスでしょうか。
RX-93さんもいきなり不運に「遅」われてますw
まぁ、タイムも遅くなってしまったので
あながち間違いじゃないかもしれませんね(^^;

来月のレースで是非、結果を出して下さいね♪
りょうま 2014/10/20(Mon)01:35:09 編集
Re:お疲れさまでしたm(__)m
やっぱりフルはきちんとレースメイクが出来ていないと最後まで持たないのだと痛感させられました。

スピードトレーニングばかりで、いい気になって最初に突っ込んで行って、序盤のタイムで「調子がいい」と錯覚。

そんな足で42km走り切れるだけの持久力が無いので後半撃沈。

絵にかいたような「30km」の壁にぶち当たりました。

「予想できた」っていわれるくらい、練習の質が悪かったのは一番の反省材料です。

いきなり不運に「遅」われて、「遅」い結果に終わりましたので、誤植はそのままにしておきます(笑)
【2014/10/20 09:54】
ターサー!!
お疲れさまでした!

フルマラソンは走ってみないとわからないという難しさがありますね。
サブスリーは残念でしたが、ゴールまでほんとに粘りのレースでしたね。
ターサーでしたか!
会長にアシックスは珍しく感じますが、そこはエリートランナーの証、ターサーを手なずけましたね。
ヨッシー URL 2014/10/22(Wed)00:21:29 編集
Re:ターサー!!
42.195kmという距離は、闇雲に走ってどうにかなるというものではないと、今回も改めて痛感させられました。

そして、レースに臨むにあたってのプロセスはもっと大事で、きちんと準備をしないと目的を達成することは難しいことも痛感しました。

やっぱり実践は、勉強になりますね。

ターサーは、手なづけたというよりただ乗っかっていただけって感じです(笑)

本当の良さを引き出すのは、もっと脚を作らないとだめですね。

ヨッシーさんも、もうすぐ「いびがわ」ですね。頑張ってください!
【2014/10/22 08:45】
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS