忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新CM
[12/14 ブログ管理人]
[12/13 みち]
[12/11 りょうま]
[12/07 ヨッシー]
[12/06 りょうま]
最新TB
PVアクセスランキング
年の瀬に来ると、いろんな事がワーっと起きます。

昨日の記事 「衝撃」 では、ブロ友の「りょうまさん」が、突然ブログを閉じてしまった事を綴りました。


で、昨日はもう一つ衝撃的な事があり、「衝撃2」とした記事更新です。

こちらは、違った意味での「衝撃」と「恐怖の念」が心に襲いかかったお話です。





・・・・・早朝5時50分

いつもどおりに身支度を整え、毎朝の日課になっている「10kmランニング」に出かけるべく、家を出ました。

年の瀬も近づき、冬本番を迎えたこの季節に於いては、まだ日も登らない為、辺りは夜を思わせる程真っ暗です。そんな中、手持ちのライトの灯りだけを頼りに、自宅近くのバイパス道路の歩道上を走るのが、いつものお決まり。

そんな、いつもの道を走り始めて1.5km程行った頃、いきなりふたつのヘッドライトが交錯し、

ドスン!  キー! ガリガリガリッ!

と、鈍く鋭い音がしました。


交通事故です。

事故を起こしたのは、4tトラックとミニバイク(スクーター)。

出会いがしらの事故で、側道からバイパスに侵入しようとしたバイクと、バイパスを走るトラックが衝突したものでした。


アッ! っと思った時には、バイクは転倒し、そのままトラックの下の方に引き込まれていく感じがし、急ブレーキが効かないトラックは、バイクを引きずったまま4~50mも進んでいきます。

バイクを引きずる、「ガリガリガリッ!」という音と、バイクから出る火花、そして、大きく揺さぶられるヘッドライトの明かりだけが、やけに印象的で、

「ダメだ~! 早く止まって!」

って、叫ぶのが精いっぱいでした。



やっとの事で、トラックが止まり、慌てて駆け寄ると、トラックの後方20m程の路上中央に人がぐったりと倒れています。
後頭部から血を流し、ピクリとも動かない状況。そして、事故そのものの惨劇から想像するに、ただ事ではない事だけは、すぐに感じましたが、倒れている場所が悪いので、次に来る車を止めないと、2次災害で又この人が轢かれてしまう可能性がありました。



早朝のバイパス道路は空いていて、車は結構なスピードで飛ばしてきます。

慌てて、手持ちのライトを振って、前方から来る車を急停止させて急場をしのぐと、止めた車のドライバーに救急車を呼ぶように指示します。

私はランニング中だったので、携帯を持ってきておらず電話もできません。

すぐさま今度は、倒れている人の救護に向かうと、一人の男性が声をかけてくれました。


この人は、ここの御近所の方で、事故の被害者の方とも知り合いだという事で、救護の手を貸してくれたり、次から次へと来る車の誘導を手伝ってくれました。


バイクに乗っていたのは、近所に住む70代のおばあさん。

仕事に向かう途中での事故だったようです。

幸い、声がけに対して、口をパクパクさせる(でも声は出せない)事ができ、意識はある様にも見てとれますが、重症であることは間違いなく、その場から動かさない方がいいだろうとの判断で、とにかく車を誘導しながら、このおばあさんが、別の車に轢かれない様注意しながら、「頑張って!、もうすぐ救急車が来るから」って声がけを続けて、意識が途切れないように注意します。


この日の気温は、マイナス3~4度程。

冷たい冷気の中、路上に横たわるおばあさんの様子を心配しながら救急車の到着を待ちます。


この間、10分弱ぐらいだったんでしょうか?もっと長く感じましたが、ようやく救急車が来て、救護はプロに任せます。

とはいえ、まだすぐに動かせる状態でなかった為、救急隊員に引き続き車の誘導を指示され、路上の車の整理を行います。

なんとか、救急車におばあさんは搬送。そして、一緒に手伝ってくれたご近所の方が、その被害女性の旦那さんに連絡してくれ、旦那さんも慌てて現場に駆け付け、救急車に同乗。

その5分後位に、警察も到着し、現場検証と事故処理にあたります。


唯一の目撃者は私だけという事で、簡単に事故当時の状況を伝え、「必要があれば、再度確認したいから」という事で、氏名と携帯番号を伝えて、現場からは離されました。



・・・・これが、昨日の朝の出来事です。

あまりの出来事で、無我夢中でしたが、できうる限りの最善は尽くせたと思っています。


自宅に戻り、事故の事を家族に話し、小学校へ出かける娘には「車に注意するんだよ」と伝えて送りだし、後は病院に運ばれたおばあさんの容体が少しでも軽い事を祈りました。



・・・・・・・・・・・・・・・・が、

news.JPG
お昼すぎに外出中の車の中でラジオを聴いていると、今日の事故の事がニュースで報じられ、おばあさんが亡くなった事を知らされました。

帰社後、ネットで地方ニュースを検索すると、やはりその通りだった事を改めて知り、願いが通じず、最も残念な結果になってしまった事を知りました。



昨日は、会社を早めに切り上げ、事故現場にお線香を持って赴きましたが、今日の今日ではお花もお線香も上がっておらず、そのまま帰宅。

今朝、いつもどおりに朝ランに出かけ、昨日の事故現場につきました。

やはり、現場に何か施されているものはなく、昨日の事故調査のチョークの跡と引きずられたバイクの跡が残っているだけでした。

今日は、ランニングバックを背負い、中にお線香とライターを入れて走りました。

状況は昨夜と変わらないものの、せめてご冥福をお祈りしたいと、お線香をその場に焚き、手を合わせて帰宅しました。


事故直後、必死に生きようとするおばあさんの姿と事故の惨劇が記憶に新しい中、改めて事故の恐ろしさと、暗い中で走る事への注意を見直さなくてはいけないと、身の引き締まる思いがしました。


これまで何度か轢かれそうになった事はありますが、本当に轢かれてしまったときには、冗談では済まされません。

兎にも角にも、「自分だけは大丈夫」っていう「慢心」だけは捨てなければと感じました。



ランニングブログなので、ランナーの方が読んでる場合もあると思いますが、安全には十分注意して下さい。車のドライバーは、意外とランナーの存在は見落としています。

・・・ってゆうか、青信号横断中に轢かれそうになった上に、「あぶねーなー!」って怒鳴られた事もあります。

そして、ドライバーの皆さんは、安全運転を心がけて下さい。早朝だろうが深夜だろうが、歩道には人がいる可能性があります。





本日のラン  10.30km  48分53秒

         ・・・電話ぐらいは持ち歩かないと、イザって時にヤバいと思った。

 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ 反射板のついたタスキして走った方がいいかもしれない。
にほんブログ村

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
朝刊に・・・
そうだったんですね・・・
朝刊に記事出てました・・・

最善を尽くしても、救えないって事あります
この記事を読むと、ガンダムさんて本当に優しい思いやりのある人だなぁ!!!
って思います

僕も朝ラン・・・気をつけます
36kite URL 2012/12/27(Thu)19:56:51 編集
Re:朝刊に・・・
昨日の信濃毎日新聞にも読売新聞の地方欄にも載っていましたが、その扱い記事の小ささとは裏腹に、現場の惨状は見るに堪えない悲惨なものでした。

最善を尽くしたつもりですので、行動そのものに悔いはありませんが、やはり結果そのものについては、残念だという気持ちでいっぱいです。

カイトさんも暗い中でのランには、安全確保に注意して下さい<(_ _)>
【2012/12/28 08:46】
無題
恐ろしく、また悲しい出来事ですね。

その惨状を目の当たりにした精神的ショックはさぞかし大きかったことでしょう。

自分もこういう危険にいつもさらされているのだと、自分だけは例外という考えは捨てて、いつも気を引き締めていないといけないと感じました。

御冥福をお祈りいたします。

ポチ。
tac-phen URL 2012/12/28(Fri)03:56:26 編集
Re:無題
事故そのもののショックは非常に大きかったですが、心の整理は既についています。

事故は日常どこでも起こりうる事ですから、本当に誰にとっても例外はありえないですね。

自転車事故も多いと聞きますから、tac-phenさんも気をつけて下さい<(_ _)>

(私の住む田舎街では、夜でも無灯火の自転車が多いので、危険度もUPです)

【2012/12/28 09:12】
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 7 8 9
11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS