忍者ブログ
ダイエット目的で走りだしたはずだったのに、気がつくとサブ3ランナーとしてガチのマラソンマンに変身! メインはランニング&マラソンですが、時々「クールな嫁と明るい娘」に話が脱線(笑)      家族とマラソン、そして、酒とガンダムをこよなく愛する、男の日々をどうぞ!
プロフィール
HN:
RX-93
性別:
男性
自己紹介:
1972年生まれのアラフォー。
38歳の時、人間ドックでメタボを起因とする重度の高脂血症により死の宣告を受ける。
それでも大好きな酒がやめられず、飲みながらでも痩せらるよう、必死のダイエットに励みなんとか20kgの減量に成功。
その一環で始めたランニングは、既に趣味の域を脱し、遂にはフルマラソン出場まで果たす事に・・・。
(詳しくは、ホームページもご覧下さい)

フルマラソン
  ベスト 2時間48分43秒
  (2015年4月 長野)

ハーフマラソン
  ベスト 1時間22分01秒
 (2012年11月 諏訪湖)

100kmウルトラ
  ベスト 9時間28分20秒
 (2014年5月 野辺山)
ブログ内検索
忍者アド
最新CM
[10/17 りょうま]
[10/16 ブログ管理者]
[10/15 ヨッシー]
[10/13 ブログ管理者]
[10/13 りょうま]
最新TB
PVアクセスランキング

さて、今週末は「大町アルプスマラソン(フル)」が開催されます。

お天気はイマイチ(曇り時々雨)の予報ですが、私の走りに対する状況は「もっとイマイチ」ですので、この程度の事は特に気になりません。


その一方で、


仕事の面では、次から次へと厄介事が舞い込んでいて、精神的疲労がキツイ状況です。

ちなみに「心技体」とはよく言ったもので、本来の意味とは異なりますが、心が疲れると、連動して体も疲れ、技も疲れてくるように感じています。それは、心の疲れが体の硬直を呼び、動きを固くし、疲労を招く。そういった悪循環が続いているような感じがしているのです。


ちなみに今週は、土曜も出勤日なので、休まる間もなく日曜はレース。

もちろん、土曜がどーのこーのは関係なく、今の状況では大町で希望とする結果を出すのは難しいことは、自分自身でもよく分かっています。

が、

出るからには、なんらかの「目的」を持って臨まないと、「ただ出場した」だけで、何の成果も得られません。

ので、

今回の目的は、
 
「トレーニング・レース」

と、位置づけました。


ちなみに前走の「駒ヶ根ハーフ」の目的は、「今の走力を知る」ことでした。その結果は、後半の大失速を含め、「ハーフすらまともに走り切るだけの走力が今の自分には無い」ということがわかりました。

その後は、これまで約2週間のトレーニング期間がありましたが、30km走は1度だけ。しかもジョグペースでしたから、「地脚を鍛え直せた」というのにはまだまだ時間がかかる感じがしています。

ので、

今回の大町は、あくまでもトレーニング。一人ではなかなかできない、42kmのペースランニングをすることで、ロング走への耐性を少しでも上げてきたいと思っています。

正に、「次に繋げるレース」が今回の目的とも言えます。

ので、

大町の戦略は次の通りです。

先ず、序盤の下りは流して入り、中盤に向かう長い登りは、脚を使い切らないように注意します。そして、21kmからの下りも流して入り、後半の山場である木崎湖を折り返した後の30km地点~35km地点までの登り坂をしっかり走り切れたら合格だと思っています。

ちなみに、35km過ぎは下り基調なのでここまでくれば、後は何とかなると思っています。

まあ、何はともあれ、仕事の疲労を極力抜いて、スタートラインに立つことが大前提ですから、それができないと、そもそも話にもならないんですけどね。


・・・・・・・



そんなわけで、

レース直前となった、今日の水曜ポイント練習は、先週に引き続き「変化走」でした。2km・3km・10kmをしっかり走り、それ以外は強めの流しで走っています。

ので、



こんな感じの10km走でした。



・・・・・・



さて、


仕事も私生活も、そしてマラソンも、なかなか思うようにいかないことが多く、なかなか自分自身報われない感じがしています。

が、

最近読んだ、元AKB48の高橋みなみさん(著)の「リーダー論」という本にこんな一説がありました。(要約)

「人一倍頑張っているのに全然報われない、そういう時は「(頑張りが)足りない」と思うしかない。けれど、頑張っていることに対しては、(自分で自分を)褒めてあげる。褒めてあげるのも自分。足りないと思うのも自分。」

だということだそうです。

ま、良く聞く話ですし、正論ですよね。

報われない努力は、報われるに足るだけの努力ではないということですから、「もっと頑張らなきゃいけない」って自分でも思います。

その一方で、

著書では、彼女の代名詞でもある「総選挙」でのスピーチの一節でもある、

「“努力は必ず報われる”と、私、高橋みなみは、この人生をもって証明します」

という言葉にも触れていました。

これに対しては、彼女自身「すべての努力が報われるわけではない」ことは承知した上で、あえてここで言いたかったのは「私は努力をやめない」ということだったそうです。

つまりは、「努力をやめない限り、目標に向かって進んでいる途中なんだ」ということなんでしょうね。



さて、

「目標に向かう」ということに関しては、「思うは招く」というタイトルでTEDのスピーチを行った「植松努さん」の映像がYOUTUBEで配信されてます。

「リアル下町ロケット談」としても有名ですし、心が折れそうなときに、この映像と話はぐっとくるものがありました。

ま、この辺は見た方が早いので、ツベのリンクを下に貼りましたので、初見の方はよろしければどうぞ。
 
 



「思うは招く」

「どうせ無理」は、危険な言葉。



私も「努力は必ず報われる」と信じて、思いを強くしていきましょう!



本日のラン 上の通りです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ 部下の女性比率が高いので、女性のリーダー論が参考になる
にほんブログ村

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです
本当にRX-93さんが
たくさん本を読んでるのが分かりますね。

私が昔から思う所に
『努力と苦労は違う』というのがあります。

自分が努力しているつもりでも
方向や方法が間違ってると苦労でしかなく
正しい努力はむしろ楽しいものだという事で

もちろんヘラヘラと楽しい意味ではなく
充実感を得られる楽しさの方です(笑)

私は長距離より筋トレ向きですが
充実感を得るために毎日筋トレするより
ちゃんとレストを入れて
超回復を待つのが正しいように
一生懸命=努力 というわけでもないのが
難しいところです。

それより!?
部下の女性比率が高いとは・・・
いろいろ大変そうですが
私は女性の免疫が無くなりそうなほど
男に囲まれた職場で働いてます。

きっと今、女性とお昼ごはん食べたら
緊張します(笑)
りょうま URL 2017/10/13(Fri)02:15:47 編集
Re:お久しぶりです
そうですね、「努力」のとらえ方っていろいろありますし、いろいろな表現をされていますよね。

かなり前に書いたことがありますが、ももクロの歌詞の中に「好きなことは苦しくたって努力と感じないよ」ってあったりしますもんね。だから、りょうまさんの言う「努力は楽しいもの」っていうのも、わかる気がします。

さて、今の私のポジションですが、経理・業務責任者という肩書になっているので、部下と呼べる大半が女性です。

ので、

女性リーダーの本は、とても興味がありました。高橋みなみさんの前には、元全日本女子バレーのキャプテンだった「竹下佳江さん」の本も先月読みましたし、AKBでは、「さしこ」の本も読みました。(←これ、リーダー論じゃないけどw)

本にもありましたし、実体験でも感じてますが、「女性に対しては、気遣いが大事」ですから、ちょっと大変なんですけどねw
【2017/10/13 08:35】
rg4さんへ
拍手コメントありがとうございました。

そして、手術、リハビリ、心の葛藤といろいろ知ることができました。

私も怪我をした時のもどかしさは非常にありましたが、rg4さんのもどかしさは、きっと比べ物にならないほど大きいのだと感じました。

「今できることをやる」

本当にこれしかないと思います。先ずはリハビリ頑張ってください。それからウォーキング、そしてジョギングと一歩づつ進んでいきましょう。いつかきっと今の状況を懐かしく振り返る日が来ることと思います。そして、早い回復を切に願っております。
ブログ管理者 2017/10/13(Fri)08:18:49 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 5 6 7
8 10 12 13 14
16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
忍者カウンター
日本ブログ村
ブログランキング参加中! ↓↓↓サブ3のクリックをお願致します。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村
忍者AdMax
忍者アナライズ
バーコード
Copyright © 2008 ランニング倶楽部(部員1名) All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS